このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「いよいよ最終回」という文字と濱田岳

なんと1年前の今日は…

小池都知事がコロナ感染再増加を懸念/米で新たなワクチンが許可される/障害者の法定雇用率が引き上げ/NYで多様性を訴える集会/マラソンで日本新記録達成/それでは、ちょうど1年前の今日のニュース、お楽しみください。

【お知らせ】これまで5カ月間、皆さまに未来を考える手がかりを提供してきた「ちょうど1年前の今日のニュース」は、今日が最終日です。長い間ご愛読ありがとうございました。明日からこのサイトでは、これまでの全てのバックナンバーをご覧になれます。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2021228(日)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    東京、2月も1万人超感染 小池知事、再増加の兆しを懸念

    東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに329人報告されたと発表した。2月の都内は計1万997人となり、昨年12月から3カ月連続で1万人を超えたが、月ごとの最多だった今年1月の4万367人からは約4分の1の水準に減少した。感染者の累計は11万1676人。80代と90代の男女6人の死亡も判明し、死者の累計は1376人となった。

    前週の日曜日だった21日の272人からは50人以上増加。小池百合子知事は都庁で報道陣の取材に「下げ止まりどころか、残念ながら増えている。今必要なのはとことん徹底して人流を抑えていくことだ」と述べた。

    その後、こうなりました

    現在、日本を新型コロナウイルス第6波が襲っている。2022年2月に入ってからの東京都の新規感染者数は、1日に2万人を超える日も多くあった。2月の都内の感染者数は、約39.6万人(2月26日時点)。都内の新型コロナウイルスの累計の感染者数は約97.4万人、累計死者数は3593人。ワクチンの3回目接種や、子ども向けワクチン接種などの対応が急がれている。

  • ちょ1

    米、J&Jのワクチン許可 3例目、1回接種は初

    【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は27日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を許可した。米国で新型コロナワクチンの実用化は3例目だが、先行の米ファイザー製と米モデルナ製は2回接種が必要で、1回接種タイプは初めて。接種の加速が期待されている。

    接種対象は18歳以上。米政府は6月末までに1億回分の供給を受ける。日本政府とは供給の契約はない。

    J&Jは、零下20度の冷凍庫で2年間、2~8度の冷蔵庫では3カ月保存でき、取り扱いが容易だとアピールしている。

    その後、こうなりました

    米国で必要回数のワクチン接種を完了(2回の接種が必要なワクチンなら2回の接種を完了)した人数は、2022年2月26日時点で約2.1億人で、人口の65.1%。新型コロナウイルスによる累計死者数は約94.7万人となっている。

     

    また、日本で必要回数のワクチン接種を完了した人数は1.0億人で、人口の79.5%。コロナによる累計死者数は2.3万人。

     

    さらに、世界で必要回数のワクチン接種を完了した人数は43.6億人で、世界の全人口の56.2%。コロナによる累計死者数は593.7万人にのぼる。

  • ちょ1

    障害者の法定雇用率を引き上げ 3年ぶり、企業は2・3%

    国や自治体、民間企業に一定割合以上の障害者の雇用を義務付ける障害者雇用促進法の法定雇用率が1日引き上げられ、民間企業は0・1ポイント高い2・3%となった。政府は企業の雇い入れを促したい考えだが、新型コロナウイルス感染拡大で景気の先行きが不透明な中、雇用が広がるかが課題だ。

    国は障害の有無にかかわらず能力に応じて働くことができる社会を目指し、職員や従業員に占める障害者の割合を法定雇用率として定めている。段階的引き上げを盛り込んだ改正法が2018年に施行。今回は0・1ポイントずつ引き上げられ、国や自治体は2・6%、教育委員会は2・5%となった。

    DNPは、2019年、障がいを持つ人々の活躍の場を広げ、多様な人材の雇用を一層促進することを目的とした会社を設立しました。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    米NYでアジア系差別反対の集会 「多様性」訴え

    27日、米ニューヨーク市マンハッタンのアジア系差別反対集会で、標語を掲げる参加者(共同)

    27日、米ニューヨーク市マンハッタンのアジア系差別反対集会で、標語を掲げる参加者(共同)

    【ニューヨーク共同】新型コロナウイルス流行を契機にアジア系住民への憎悪犯罪(ヘイトクライム)や嫌がらせ行為が急増している米ニューヨーク市で27日、連邦上下両院議員や市長を含めた約200人が参加し、差別反対の集会が開かれた。マンハッタンの中華街に近い公園には「スケープゴートにするな」などと書いた厚紙を掲げた中国系の住民らが結集した。

    あいさつした連邦上院多数派の民主党トップ、シューマー院内総務は「ニューヨークは多様性の街だ。立ち上がろう」と訴えた。新型コロナを「中国ウイルス」とやゆしたトランプ前大統領を批判し「トランプ氏が偏見を広め事態が悪化」と指摘した。

  • ちょ1

    鈴木が日本新、初の4分台で優勝 びわ湖毎日マラソン

    2時間4分56秒の日本新記録をマークし、優勝した鈴木健吾=大津市皇子山陸上競技場

    2時間4分56秒の日本新記録をマークし、優勝した鈴木健吾=大津市皇子山陸上競技場

    びわ湖毎日マラソンは28日、大津市皇子山陸上競技場発着で行われ、25歳の鈴木健吾(富士通)が2時間4分56秒の日本新記録で初優勝を飾った。日本人初の2時間4分台で、従来の記録は東京五輪代表の大迫傑(ナイキ)が昨年3月に東京でマークした2時間5分29秒だった。

    鈴木は2011年のウィルソン・キプサング(ケニア)の大会記録も1分17秒塗り替えた。日本勢の優勝は02年の武井隆次以来、19年ぶり。鈴木は先頭集団が3人に絞られた36キロすぎでスパートし、35~40キロは14分39秒と終盤もハイペースを刻んで逃げ切った。

    その後、こうなりました

    1946年に始まり日本最古のマラソンと言われている「びわ湖毎日マラソン」は、2021年の大会を最後に、大阪マラソンと統合。2022年2月27日、「第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会 」として行われた。大阪府庁前をスタートし、大阪城公園内をフィニッシュとするコースで、男子は星岳(ほしがく)選手がマラソン初出場での日本最高記録となる2時間7分31秒で優勝。女子は堀江美里選手が2時間32分10秒で優勝を飾った。

この日のコロナはどうだったか

東京都で329人、全国では999人の新規感染者。この日フィリピンに初めてコロナワクチンが到着。中国の製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製。

「1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。」とつぶやく濱田岳

今日のDNPちょいち編集部

「ちょうど1年前の今日のニュース」、更新は本日が最終日となります。2021年10月1日にこの取り組みを開始し、毎日更新をしてきました。企画の想いとしては、“過去のニュースを懐かしむこと” が目的ではなく、そこから “現在との差分を捉え、社会の動きを感じる”、そして “未来に思いを巡らせてもらう” というものでした。

未来を予測するのは難しいことです。だからこそ、いろいろな視点から考えていくことが必要です。DNPはこれからもより良い未来を実現するため、さまざまなことに取り組んでいきます。ぜひ皆さんと一緒に “未来のあたりまえ” をつくっていけると幸いです。

これまでご愛読いただき、どうもありがとうございました!

DNPちょいち編集部一同

( DNPちょいち編集部一同 )

明日のひとこと予告

明日から、このウェブサイトでは、これまでの全ての「ちょうど1年前の今日のニュース」バックナンバーをご覧になれます。