このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

去年の2月18日は、身のまわりの変化が明るみに。
バックナンバーが読めます!

なんと1年前の今日は…

成人年齢の引き下げ、少年法にも影響/NASAの探査車1300度にさらされるも、無事火星に着陸/やはり減った。コロナ下のパスポート発行数/大手出版社、紙以外の売り上げがついにここまで/一方、ストローは紙の時代到来/それでは、ちょうど1年前の今日のニュースをその目でお確かめあれ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2021219(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    18、19歳厳罰化を閣議決定 「特定少年」逆送拡大

    閣議に臨む丸川五輪相(右から2人目)ら=19日午前、首相官邸

    政府は19日、事件を起こした18、19歳の厳罰化を図る少年法改正案を閣議決定した。民法の成人年齢が22年4月に18歳へ引き下げられるのに合わせた措置。家裁から検察官に送致(逆送)し、20歳以上と同様の刑事手続きを取る事件を拡大し、起訴後の実名報道も可能とする。

    政府は、少年法の適用年齢自体は20歳未満を維持するが、18、19歳を「特定少年」という名称で位置付け、17歳以下と区別化することで民法との調整を図りたい考え。今国会での成立を目指す。

    改正案では、これまで通り全事件をまず家裁に送り、家庭環境などの背景を心理学の専門家らが調査する仕組みは維持する。

    その後、こうなりました

    改正少年法は2021年5月に成立。2022年4月から施行される。また、今回の改正に伴い、裁判員に選ばれる年齢も「20歳以上」から「18歳以上」に引き下げられる。

  • ちょ1

    NASA探査車、火星に着陸 土壌を調べ生命の痕跡探す

    火星で土壌を採取する探査車「パーシビアランス」の想像図(NASA提供・共同)

    【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は18日午後(日本時間19日午前)、探査車「パーシビアランス」が火星に着陸したと発表した。火星は数十億年前には温暖で液体の水があり、微生物が生きられる環境だったと考えられており、土壌を調べて生命の痕跡を探す狙い。かつて地球外に生命が存在したと確認されれば大発見で、生命誕生の環境や条件の謎に迫る手掛かりが得られる。

    大気圏突入後、最高約1300度の高温など多くの危険にさらされながら着陸までの「恐怖の7分間」を無事くぐり抜けることに成功、着陸後に火星の地表の画像を届けた。

    その後、こうなりました

    その後もパーシビアランスは火星の探索を続けている。火星の地表を掘削し、採取した岩石サンプルは、2031年に送られる探査機によって回収され、地球に持ち帰られる計画となっている。

  • ちょ1

    20年のパスポート発行、7割減 コロナまん延が影響

    旅券の見本

    外務省は19日、2020年の旅券(パスポート)発行数が約134万冊と、前年比で70・3%減少したと発表した。有効な旅券の総数も20年末時点で、約2771万冊と前年末比で約256万冊減った。新型コロナが世界的にまん延し、海外渡航の機会が大幅に減ったことが影響したとみられる。

    20年の旅券発行数約134万冊のうち、国内の発行分は約125万冊。外務省が公表している記録によれば、国内の発行分が100万冊台にとどまったのは、約195万冊の1981年以来となる。

    一方、旅券の紛失・盗難件数は前年比72・3%減の約1万2千件で、このうち約8割が国内で発生していた。

    DNPは、運転免許証やパスポートなどの本人確認をより簡単に、より正確にするシステムを提供しています。
    ID確認システムMOBILE

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    電子書籍+権利が「紙」上回る 講談社の11月期決算

    講談社が19日発表した2020年11月期決算によると、電子書籍と権利ビジネスを合わせた売上高が紙の出版物を初めて上回った。

    同社によると、紙の書籍と雑誌を合わせた売り上げが前期比1・2%減(約635億円)だった一方で、電子書籍は19・4%増の約532億円。アニメ化やゲーム化、映画化などに伴う権利ビジネスによる収入も海外向けを中心に好調で約170億円に上った。

    講談社全体の売上高は6・7%増の約1450億円、当期純利益は50・4%増の約109億円となった。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    読書をもっと便利に!楽しく!
    →ハイブリッド型総合書店|honto

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    飲料ストローも「脱プラ」広がる 外食産業に続いて環境配慮

    カゴメが、野菜ジュースに紙製のストローを導入するなど、飲料メーカーで環境への負荷を配慮した「脱プラスチックストロー」の動きが広がっている。先行した外食業界に続いて飲料でも一般的になれば、脱プラは加速しそうだ。

    カゴメは、インターネット限定で販売する「野菜生活100」の新商品に紙製ストローを導入した。30年までに石油由来のストロー使用量ゼロを目指す。

    年間約6億5千万本のストローを使用する明治は2月、植物などの再生可能な有機資源由来のプラスチックを5%配合した商品への切り替えを始めた。

    キッコーマンは昨年9月、豆乳飲料の2商品に紙製ストローを取り入れた。

    その後、こうなりました

    2021年6月、「プラスチック資源循環促進法」が参院本会議で全会一致で可決。飲食店、コンビニエンスストアなどで配布されている使い捨てカトラリーの有料化などを通じて、プラスチックごみの削減と再生利用が強化される。2022年4月から施行予定。

    DNPも環境問題に取り組んでいます。プラスチックはどこまでリサイクルでき、私たちにはどんな意識が必要なのか?元ラグビー日本代表キャプテンで実業家の廣瀬俊朗さんと語り合いました。
    ごみがごみでなくなる日。「捨てない世界」の実現を目指して

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1

この日のコロナはどうだったか

東京都で353人、全国では1303人の新規感染者。田村憲久厚生労働相(当時)は、新型コロナのワクチン接種後に副反応などで死亡した場合は、国の健康被害救済制度による一時金として4420万円を遺族に支払うと発表。

1年前のニュースを見ると、世界が絶え間なく動いていることがよく分かります。

今日のDNPちょいち編集部

先日ここで「肥満気味」と書いた我が家のカナヘビですが、なんと、その後卵を産みました!うちのカナヘビ3匹は全員メスなのですが、調べてみるとどうやら「無精卵」というものを産むことがあるそう。肥満ではなく卵を身ごもっていたんですね。無理に運動させようとしてゴメン。幸いその後は健康体なので、これからも長生きしてほしいな、と思います。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、ラグビーの福岡堅樹選手が、大学の◯学部に合格しました。