このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマホを見つめる濱田岳さんと、「去年の2月2日は、緊急事態宣言、延長決定。」の文字。
バックナンバーが読めます!

なんと1年前の今日は…

緊急事態宣言延長、全国2324人の新規感染者/14万人分の保育施設確保のため、児童手当廃止へ/小学校の先生志望者減が明らかに/バドミントン桃田選手、この時は世界1位も…/続きは、ちょうど1年前の今日のニュースで。

DNP ちょいち編集部ちょ1

202122(火)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    首相、緊急事態宣言を延長 3月7日まで、栃木は解除

    菅首相

    菅首相は2日の衆院議運委で、新型コロナ緊急事態宣言について、栃木県のみ解除し、10都府県で3月7日まで延長すると表明した。状況が改善すれば繰り上げ解除する。

    その後、こうなりました

    ちなみに、ちょうど1年前の今日のコロナ新規感染者は全国で2324人。一方、2022年の今では1月28日が8万1808人、1月29日が8万112人と2日連続で8万人を超え、過去最多を更新している。

  • ちょ1

    高収入世帯の児童手当廃止へ 待機児童解消の財源に、法案決定

    政府は2日、一部の高収入世帯の児童手当を廃止する児童手当関連法改正案を閣議決定した。政府は待機児童を解消するため、2024年度末までに新たに14万人分の保育施設を確保する計画で、手当廃止で浮いた費用を財源に充てる。今国会での成立を目指し、22年10月支給分から適用する。廃止対象となる子どもは61万人。

    改正案では、子どもが2人いる会社員の夫と専業主婦の現行モデル世帯と同じ世帯で夫の年収が1200万円以上の場合、児童手当を廃止する。年収960万~1200万円未満の場合は、引き続き月5千円を支払う。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    その後、こうなりました

    その後、改正児童手当関連法は成立。2022年10月から、世帯主の年収が1200万円以上の場合、児童手当の特例給付が廃止されることが決定。2021年末には、子育て世帯への臨時特別給付金の所得制限も話題になった。

  • ちょ1

    小学校教員の競争率、過去最低 19年度採用試験、2・7倍

    小学校の教員採用試験の競争率の説明図

    小学校の教員採用試験の競争率都道府県教育委員会などが2019年度に実施した公立小学校の教員採用試験で、競争率の全国平均は2・7倍と過去最低だったことが2日、文部科学省の調査で分かった。バブル景気の影響で民間就職が好調だった1991年度を下回った。2倍を切ったのは、採用試験を合同で行った広島県・広島市を一つと数えて計12自治体となり、前年度より2増えた。

    21年度に小学校の35人学級が始まる中、質の高い教員の確保が懸念される。多忙化が人気低迷の一因で、萩生田光一文科相は2日、「『学校は大変な職場』というイメージを払拭し教師が子どもの憧れの職業となるよう大胆な検討を進めたい」と述べた。

  • ちょ1

    3年ぶりに琵琶湖が「深呼吸」 「全層循環」冷え込み影響か

    琵琶湖の水深90メートル付近で、生息が確認された固有種のイサザ

    琵琶湖の水深90メートル付近で、生息が確認された固有種のイサザ(滋賀県提供)

    滋賀県は2日、琵琶湖で表層と湖底の水が混ざり、酸素が行き渡る「琵琶湖の深呼吸」と呼ばれる「全層循環」を3年ぶりに観測したと発表した。今冬の冷え込みや季節風が影響したとみられる。

    全層循環は酸素を多く含んだ表層の水が冷えて湖底に潜り込み、低層の水と同じ酸素濃度になる自然現象で、湖底に1年分の酸素を供給する。例年2月上旬から中旬に確認されるが、2019年は観測開始した1979年度以来初めて確認されなかった。20年は循環が完了しなかった。

    19、20年は冬季に平年値以上の気温が続き、湖底で貧酸素状態が続くことによる生物への影響が懸念されていた。

    DNPは、地球環境を守るため、「捨てない世界」の実現を目指しています。
    →詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    桃田、フクヒロが1位 バドミントン世界ランクが更新

    新型コロナウイルスの影響で昨年3月17日付を最後に凍結されていたバドミントンの世界ランキングが2日付で更新され、シングルスの男子は桃田賢斗(NTT東日本)が1位を維持した。女子は奥原希望(太陽ホールディングス)が4位、山口茜(再春館製薬所)は5位となった。

    女子ダブルスは福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)が1位、永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は3位。

    今回のランキングは1月にバンコクで行われた国際大会のポイントなどが反映された。(共同)

    その後、こうなりました

    その後、桃田選手は東京2020オリンピックで、まさかの1次リーグ敗退。11月30日に発表された世界ランキングでは、3年2カ月ぶりに1位から陥落し、2位となった。一方フクヒロは、廣田選手がオリンピック前に大怪我をするも、5位入賞。

この日のコロナはどうだったか

東京都で556人、全国では2324人の新規感染者。菅首相(当時)はこの日、東京2020オリパラについて「観客については今後内外の感染状況も勘案しつつ、安全、安心の大会にすることを最優先に検討を進めたい」と述べた。

「1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。」とカメラ目線で訴えかける濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

最近、お花屋さんで冬咲きのチューリップが並んでいるのを見かけるようになりました。私の部屋にも少し早く春の気分を取りいれようと、チューリップを飾りはじめました。愛らしい姿に癒されますが、なんとなく鼻もムズムズ。マスク生活といえど、花粉症対策を早めに始めようと思います。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、あの会長が「女性入ると時間かかる」 と問題発言。