このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の1月27日は、民間人の宇宙旅行への第一歩。」の文字と濱田岳
バックナンバーが読めます!

なんと1年前の今日は…

世界初の民間人のみによる宇宙ステーションへの旅行、発表される/政府のSIMロック禁止に向けた動き/ワクチン接種管理の新システム/政府の脱炭素シナリオ/それでは、ちょうど1年前の今日のニュースをご覧ください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2021127(水)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    国際宇宙基地に民間の4人滞在へ 観光で22年にも、費用57億円

    米スペースXの新型宇宙船クルードラゴン(スペースX提供・共同)

    米スペースXの新型宇宙船クルードラゴン(スペースX提供・共同)

    【ワシントン共同】米宇宙企業のアクシオムスペースは26日、2022年1月にも米、カナダ、イスラエルの民間人4人が同社の観光事業で国際宇宙ステーションに滞在すると発表した。現在、ステーションに滞在中の野口聡一さん(55)が利用した米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンに搭乗する。民間チームがステーションを往復するのは初めて。

    1人は元米航空宇宙局(NASA)飛行士のアクシオムスペース副社長で、チームを率いる。残る3人はいずれも投資家の男性で、AP通信によると、費用は1人当たり5500万ドル(約57億円)。ステーションに8日ほど滞在する。

    その後、こうなりました

    その後、2021年7月にブルー・オリジンとヴァージン・ギャラクティックが、9月にはスペースXが、相次いで民間人の宇宙旅行を実現。12月には前澤友作氏がロシアの宇宙船ソユーズで宇宙に向かい、日本の民間人としては初めて国際宇宙ステーションに滞在して大きな話題となった。

    アクシオムスペースによる、史上初の民間主導による国際宇宙ステーション滞在ミッション「Ax-1」は、今年の2月21日に実施される予定。

  • ちょ1

    SIMロック原則禁止へ 総務省、競争促進

    総務省は27日に開いた有識者会議で、携帯大手が端末を自社回線でしか使えなくするSIMロックを原則禁止にする案を示した。利用者が携帯会社を乗り換える障壁をなくし、価格競争を促す。

    SIMロックは端末購入者が代金を支払わずに持ち逃げするような不正行為を防ぐために設定されている。現在のSIMロックに関する指針では、一括購入時や、クレジットカードでの分割払いなどの条件を満たせば、不払いリスクが低いと判断し即時解除するとしている。

    総務省は今後、指針を改定し、ロックできるのは不正行為が行われる可能性が低いと確認できない場合に限るとする見通しだ。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    その後、こうなりました

    2021年10月1日から、携帯電話のSIMロックは原則禁止となった。同日以降に発売されるスマートフォンはSIMロックがかかっていない状態で販売されており、購入してすぐ他社のSIMカードを入れても使えるようになった。

  • ちょ1

    政府、接種状況把握へ新システム 情報一元化でマイナンバー活用も

    新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種の初訓練=27日午後、川崎市立看護短大の体育館

    新型コロナウイルス感染症ワクチンの集団接種の初訓練=27日午後、川崎市立看護短大の体育館

    政府は27日、新型コロナウイルスのワクチンの接種情報を国がほぼリアルタイムで把握することを目的に、新たなシステムを導入する方針を固め、取り組みを本格化させた。接種を行う市区町村は住民が引っ越した際の接種状況の確認や、接種券をなくした場合に対応しやすくなる。接種状況や履歴の一元管理を図る。マイナンバーの活用を検討している。春に見込まれる65歳以上の高齢者への接種開始のタイミングでの運用を目指し、制度設計を急ぐ。

    新システムについてマイナンバーをひも付けることには自治体の業務に過重な負担が掛かる懸念が出ている。個人情報保護の観点から議論も呼ぶ可能性がある。

    その後、こうなりました

    2021年12月20日、デジタル庁は日本政府公式の新型コロナワクチン接種証明書アプリをリリース。マイナンバーカードで申請し、ワクチンの種類や接種日を登録することで、接種証明書が発行される。1月16日時点での証明書発行件数は約297万件。

    DNPは、ワクチン接種記録の利活用支援サービスを提供しています。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    脱炭素へ複数の電源シナリオ策定 経産省、次世代技術に柔軟対応

    経済産業省は27日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、2050年の脱炭素社会実現に向け、複数の電源構成を想定したシナリオを策定する方針で一致した。次世代技術の開発は見通しが不透明な部分も多いため、柔軟に対応できるようにする。

    政府は50年の発電割合について参考値を設定しており、再生可能エネルギーを50~60%、二酸化炭素回収を前提とした火力発電と原発を計30~40%、水素とアンモニア発電を計10%としている。シナリオは水素とアンモニア発電を計20%とした場合などを想定する。

    分科会では参考値を達成するために各産業が直面する課題も議論した。

    その後、こうなりました

    日本政府は2021年10月22日、エネルギー政策の中長期的な指針「第6次エネルギー基本計画」を閣議決定した。ここで見込まれる2030年度の総発電量に占める各電源の割合(電源構成)は、火力発電が41%、再生可能エネルギーが36~38%、原発が20~22%、水素・アンモニア発電が1%。なお再エネの内訳は、太陽光が14~16%、風力が5%、地熱が1%、水力が11%、バイオマスが5%。

    DNPは、半導体製造で使用される電力を削減できる「ナノインプリントリソグラフィ」を開発しました。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    サラリーマン川柳、入選100句 上司と程よいディスタンス

    サラリーマン川柳の主な入選作品

    サラリーマン川柳の主な入選作品

    「コロナ禍が 程よく上司を ディスタンス」。第一生命保険は27日、恒例の「サラリーマン川柳」の入選作100句を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに人間関係や働き方が変化し、戸惑いながらも奮闘する会社員を描いた作品が集まった。

    政府がテレワークを推進する中、「会社へは 来るなと上司 行けと妻」は板挟みの状況を表現。「はんこレス 上司の仕事 吹き飛んだ」はデジタル化で役割がなくなる管理職を皮肉った。

    「激論も パジャマ姿の 下半身」や「リモートで ミュート忘れて 愚痴バレる」など、ウェブ会議を題材にした作品も多かった。

この日のコロナはどうだったか

東京都で973人、全国では3971人の新規感染者。英国ではコロナによる死者が10万人を超えた。

「1年前起こったことと今日起こったことを比べると、世の中の動きが点ではなく線としてわかってくる。」とつぶやく濱田岳

今日のDNPちょいち編集部

我が家のペットのカナヘビがこのところ肥満体型になってきました。ずっと狭い飼育ケースの中にいるので運動不足かと思い、ダメ元でハムスター用の回し車を設置してみました。すると、ハムスターのように内側を走るのではなく、外側に登ってうまいこと車を回しています。カナヘビでもやればできる!

( 編集部員カトウ )

0127

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、デジタル広告のシェアが初めて◯割に。