このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

去年の1月22日は、核兵器禁止条約、発効へ。
テレビCMはこちらから

なんと1年前の今日は…

新型コロナ特措法案、国会へ提出。罰則規定が争点に/GAFA、バイデン新政権へ協調の動き/米グーグル、仏新聞団体と結んだ契約とは?/核廃絶へ、初の国際法規が発効/皆さんはもう手にした?新500円硬貨のニュースも/それでは、本日のちょうど1年前ニュースをご覧あれ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2021122(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    政府、コロナ特措法案を提出 入院、時短拒否の罰則是非が焦点

    新型コロナ特措法と感染症法改正案の主な罰則強化

    政府は22日、罰則を盛り込んだ新型コロナウイルス特別措置法と感染症法の改正案を閣議決定し、国会に提出した。与野党は週明けにも修正協議に入る。野党は私権制限強化だと批判し、入院を拒否した感染者への懲役刑撤廃を要求。営業時間短縮の命令を拒んだ事業者への過料見直しも主張した。与党は2月初旬の改正案成立を最優先し、柔軟に対応する構えだ。

    野党は、コロナ対策の実効性を高める目的から感染症法改正案で明記した入院拒否者への1年以下の懲役か100万円以下の罰金に関し、過重で容認できないと非難し、撤回すべきだとした。

    その後、こうなりました

    その後、2021年2月13日に新型コロナウイルス対策の特別措置法などの改正案が施行。緊急事態宣言のもとでは各都道府県知事が施設の使用制限の「要請」が可能となり、正当な理由なく応じない事業者に対して「命令」が可能になるなど様々な項目が追加された。ちなみに、入院拒否者へは「50万円以下の過料」とし、刑事罰とはならない形で落ち着いている。

     

    また2021年12月17日、自民党は感染症流行に備えた法改正を議論する会合を開き、特措法改正の検討を開始したと報じられている。

  • ちょ1

    GAFA、米新政権に協調 ワクチン展開支援申し出も

    GAFAと呼ばれる米IT4社のロゴやアイコン。左上から時計回りにグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム

    【ニューヨーク共同】「GAFA」と呼ばれる米巨大IT企業首脳らが相次ぎ、バイデン新政権への協調姿勢を表明した。アマゾン・コムは、新型コロナウイルスのワクチン接種展開の支援を申し出た。独占禁止法(反トラスト法)などを巡る米政府との対立の構図が変化するかどうかが注目を集めそうだ。

    「政権発足100日で1億人の米国人にワクチンを接種するとの目標達成に向け、支援の準備はできている」。アマゾンは20日、バイデン大統領に宛てた書簡を公表。同社の事業運営や情報通信の能力を提供する用意があるとしている。

  • ちょ1

    グーグル、仏で記事使用料 新聞団体と初めて合意

    【パリ共同】米グーグルは21日、スマートフォンの自社アプリなどでニュースを表示する際に、記事使用料を支払うことでフランスの全国・地方紙などでつくる団体と合意したと発表した。グーグルはこれまでフランスの一部新聞と記事使用料支払いの契約を結んでいるが、団体との初の合意で国内の多くの報道機関に対象が広がる。

    発表によると、グーグルは各紙と個別にライセンス契約を結び、記事使用料は発行部数やインターネットの月間閲覧数などに応じて算出する。

    一方、グーグルは一部の国で進む記事使用料の義務化の動きには反発している。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    核兵器禁止条約、発効 被爆75年、廃絶願い結実

    広島市の平和記念公園。手前は原爆慰霊碑の石室、後方は保存工事中の原爆ドーム=22日午前

    【ニューヨーク共同】核兵器禁止条約が22日、発効した。核兵器を非人道的で違法と明記、開発や保有、使用を全面的に禁じ、廃絶を目指す初の国際法規。広島、長崎の被爆から75年半が経過し、核の惨禍が二度と繰り返されないよう訴え続けてきた被爆者らの願いが結実した形。国際社会は「核なき世界」に向かう新たな段階に歩を進めた。

    条約参加を拒否する米国やロシアなど核保有国は、互いに対立を深め軍備増強を進めている。だが、米国でバイデン大統領が就任し、国際協調回帰への期待は強い。条約発効を軍縮停滞の打開につなげられるかどうか、正念場を迎えている。

    その後、こうなりました

    2021年12月にはモンゴルやペルーなども加わり、現在の批准国は59カ国。唯一の被爆国である日本は批准国には加わっていない。今年2022年3月に開催予定の同条約の第1回締約国会議は、非加盟国に広くオブザーバー参加を呼びかけているが、日本政府は参加に消極的な姿勢を見せている。

  • ちょ1

    新500円硬貨、発行延期 コロナで機器改修に遅れ

    新500円硬貨の裏面(左)と表面のデザイン(財務省提供)

    政府は22日、2021年度上半期に予定していた新500円硬貨の発行を延期すると発表した。新硬貨に対応する現金自動預払機(ATM)や自動券売機の改修作業が、新型コロナウイルスの拡大に伴う移動自粛で地方を中心に遅れているため。新たな発行時期は、感染状況などを見極めた上で改めて公表する。

    新500円硬貨は表裏の図柄は現在とほぼ変わらないが、偽造を防ぐために現行の500円硬貨の色と銀色の2色を組み合わせたり、貨幣の縁の内側に小さな文字を加えたりしたのが特徴。財務省の担当者は「市中の受け入れ態勢を見極めながら、いたずらに遅らせず発行したい」と述べた。

    その後、こうなりました

    新500円硬貨は2021年11月より発行が開始されている。ちなみに財務省によると、新硬貨は2021年度中に2億枚の発行が予定されており、徐々に流通量が増えていく見込みだとしている。一方で、公共交通機関や自販機などでは新硬貨に対応していない機器も多く、新硬貨が使用できないケースが多発。キャッシュレス決済の普及が進み、新硬貨に対応する機器への改修を見送る事業者もある。

この日のコロナはどうだったか

東京都で1175人、全国で5046人の新規感染者。日本百貨店協会の発表によると、2020年の全国百貨店売上高は全店ベースで26.7%減の4兆2204億円となり、1975年以来45年ぶりの低水準に落ち込んだ。下落率も過去最大。

1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。

今日のDNPちょいち編集部

1年前の今日、東京駅と岐阜県・大垣駅を結ぶ臨時夜行快速列車「ムーンライトながら」号の運行終了が発表されました。JRの普通列車が全国乗り放題となる「青春18きっぷ」でも乗れる夜行列車としても有名で、私も以前は関西方面の旅からの帰り道でよくお世話になっていました。国鉄時代から使われる風情ある車両に乗れたことは今となっては貴重な思い出です。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、日本の新型〇〇ッ〇が初公開されました。