このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の1月16日は、12都府県で急激な感染拡大。」の文字と、スマホを持つ濱田岳さん
テレビCMはこちらから

なんと1年前の今日は…

12都府県で「ステージ4」となり緊張高まる/日本国内だけでなく、IOCの中からも東京オリンピック中止論が/ドイツ首相を16年務めたメルケル氏の後任に世界が注目/米軍の縮小により混迷必至のアフガン情勢/ちょうど1年前の今日のニュース、その目でお確かめください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2021116(土)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    12都府県、爆発的感染拡大 緊急宣言外の熊本、沖縄も

    東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交うマスク姿の人たち=15日

    政府の新型コロナ感染症対策分科会による感染状況を示す6指標について、過半数の四つ以上で「ステージ4」(爆発的感染拡大)に該当するのは12都府県であることが16日、厚生労働省が公表したデータから分かった。政府が今月、緊急事態を再宣言した11都府県のうち京都以外と熊本、沖縄の2県。

    政府の対応が感染拡大の勢いに追いつかない実態がデータで示された。

    指標は(1)病床数の逼迫を示す確保想定病床の使用率(2)人口10万人当たりの療養者数(3)直前1週間の10万人当たり新規感染者数など。

    指標全てでステージ4相当なのは栃木、千葉、東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    東京五輪中止の可能性、米紙報道 コロナ影響で開催見通し厳しく

    【ニューヨーク共同】米有力紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は15日、新型コロナウイルスの影響で今夏の東京五輪の開催見通しが日々厳しさを増しており、第2次大戦後、初の五輪開催中止に追い込まれる可能性があると伝えた。

    同紙は、日本と米国、欧州主要国で感染拡大が続き、国際オリンピック委員会(IOC)らの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたと指摘。ディック・パウンドIOC委員(カナダ)が開催に「確信が持てない」と述べたことなどを挙げた。

    開催される場合、選手や関係者らが従来にない不自由さを強いられるとの見通しを示した。

    その後、こうなりました

    その後、ご存知の通り東京オリンピックは緊急事態宣言下でスタート。多くの競技を無観客とする形で開催されることとなった。

     

    一方、2022年2月に開幕が予定される北京オリンピックは中国居住者限定で観客を受け入れる方針だが、テスト大会は無観客で実施されるなど、新型コロナウイルスへの警戒が高まっている。

  • ちょ1

    独・与党の新党首に親メルケル派 16年ぶり首相交代、選出曲折も

    【ベルリン共同】ドイツのメルケル首相の保守与党、キリスト教民主同盟(CDU)は16日、党首選を行い、親メルケル氏派の西部ノルトライン・ウェストファーレン州のラシェット州首相(59)を選出した。メルケル氏のリベラル路線を継承する考えだ。

    9月の総選挙後に引退するメルケル氏の後継候補選びが本格化。ラシェット氏は後継の座に近づいたが、次期首相には新型コロナウイルス対策で名を上げた姉妹政党の党首が人気で、決定には曲折が予想される。

    メルケル氏は2005年から首相を務め、ドイツの顔として知られる。CDUの支持率は首位で、国際社会は16年ぶりの首相交代に注目する。

    その後、こうなりました

    その後2021年12月にメルケル氏は首相を退任。新たな首相に就任したのは、中道左派「社会民主党」のオラフ・ショルツ氏。環境政策重視の「緑の党」、市場経済重視の「自由民主党」との3党連立政権となった。政策に隔たりがある3党により政権がどう運営されるのかが注目される。

  • ちょ1

    初の大学共通テスト始まる 緊急宣言下、入試シーズン幕開け

    大学入学共通テストに臨む受験生=16日午前、東京・本郷の東京大学

    大学入試センター試験の後継として、初めて実施される大学入学共通テストが16日、全国の会場で始まった。新型コロナウイルスの感染拡大で11都府県に緊急事態宣言が出された異例の環境下で、本格的な入試シーズンが幕開け。試験会場となる大学は感染対策に万全を期す。17日までの第1日程に加え、一斉休校による学習遅れがある現役生対象の第2日程は30、31日に行われる。

    出願者は681会場で計53万5245人。16日は地理歴史と公民、国語、外国語、17日は理科と数学を実施。第1日程を体調不良などで欠席すると第2日程が追試験となる。

    その後、こうなりました

    2022年の共通テストでは、文部科学省から各大学に対して、新型コロナの陽性者や濃厚接触者となり本試験も追試験も受けられなかった受験生について、個別入試で合否を判断するよう異例の要請をしている。この場合の判定基準は各大学の判断に委ねられるが、大学入学共通テストを受けた受験生との公平性をどう保つかが課題となっている。

  • ちょ1

    アフガン米軍2500人に 01年中枢テロ後、最小規模

    【ワシントン共同】ミラー米国防長官代行は15日、アフガニスタン駐留米軍が計画通り約2500人に同日削減され、2001年の米中枢同時テロを受けた作戦開始後、最小規模になったと発表した。外国駐留米軍の撤収を実績としたいトランプ大統領の指示で、昨年11月に当時の4500人規模から、さらに減らすと表明していた。

    アフガンでは同国政府と反政府武装勢力タリバンの恒久停戦協議が続く中、各地で戦闘が起き、過激派組織「イスラム国」(IS)によるテロも頻発している。バイデン次期米大統領はテロ対策部隊を残す意向を示しているが、規模などを巡って難しい判断を迫られそうだ。

    その後、こうなりました

    その後も米軍は段階的に駐留戦力を縮小。2021年8月末の完全撤退を前にした8月15日、アフガニスタンのガニ大統領は国外脱出。イスラム原理主義勢力「タリバン」が暫定政権を発足させた。現在もタリバンと対立するIS(イスラミックステート)によるとみられるテロが発生するなど、不安定な情勢が続いている。

この日のコロナはどうだったか

東京都で1809人、全国では7042人の新規感染者。新型コロナウイルス感染症による死亡者が、全世界で200万人を超える。

「1年前のニュースを見ると、世界が絶え間なく動いていることがよくわかります。」の文字と、スーツ姿でこちらを見つめる濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

先日、「ポルボロン」というお菓子をいただきました。「ポルボロン」とは、粉状の砂糖で包んだクッキーで、クリスマスや結婚式などのお祝いの席に欠かせない、スペイン・アンダルシア地方の伝統菓子だそうです。食べる際に「ポルボロン」と3回唱えると幸せになるとの言い伝えも。
私はすっかり唱え忘れて食べてしまったのですが、甘くてとてもおいしかったので、それだけで幸せな気分になれました。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、阪神大震災から26年…