このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

鏡餅を手に持ち真面目な顔でこちらを見る濱田岳さんと、「去年の1月8日は、首都圏の飲食店夜8時閉店へ。」の文字。
テレビCMはこちらから

なんと1年前の今日は…

首都圏の飲食街、夜8時で灯り消える/年末年始の出入国者数、前年比で成田96.5%減・羽田97%減/横浜カジノ住民投票案、賛成34人対反対51人で否決/ラグビー新リーグ、開幕に向け動き。あれから1年、開幕戦は…/さあ、ちょうど1年前の今日のニュースをお楽しみください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

202118(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    夜8時閉店、外食各社相次ぎ発表 持ち帰り・宅配は継続も

    新型コロナウイルスの緊急事態宣言の再発令に伴い、首都圏の1都3県に店舗を持つ外食チェーン各社は8日、営業時間の短縮を相次いで発表した。政府の要請に応じて午後8時で閉店する一方、持ち帰りや宅配向けの営業は多くが継続する。居酒屋やカラオケでは休業する動きもある。

    東京都内の「ガスト」など約570店は午後8時に閉店。酒類の提供は7時に終える。持ち帰りや宅配向けの営業は8時以降も続ける。

    ロイヤルホストや天丼てんやなどは午後8時閉店。牛丼チェーンのすき家と吉野家も店内での飲食は8日から順次、8時終了としていくが、持ち帰りや宅配向けの営業は継続する。

    その後、こうなりました

    その後、長らく続いた飲食店の営業時間短縮要請は、10月24日で解除。これにより時短要請は終了、10月25日から通常営業が可能となった。

  • ちょ1

    年末年始の出入国、9割超減 コロナ影響、成田と羽田

     閑散とした成田空港の国際線ロビー

    閑散とした成田空港の国際線ロビー=2020年12月28日

    東京出入国在留管理局は8日、年末年始期間(昨年12月25日~今月3日)の成田、羽田両空港の出入国者数(速報値)を発表した。成田は前年比96・5%減の3万6570人、羽田も97・0%減の1万5910人だった。新型コロナウイルスの感染拡大で、国際線は大幅な減便が続いており、記録的な少なさとなった。

    管理局によると、成田の日本人の出入国者数は1万2430人、外国人は2万4140人。渡航先は中国(香港やマカオを除く)が最多の3800人で、ハワイやグアムを含む米国が3400人、韓国が1200人と続いた。

    羽田は日本人の出入国者数が1万770人、外国人は5140人。

    その後、こうなりました

    2021年12月17日、全日空と日本航空は年末年始(2021年12月25日~2022年1月4日)の予約状況を発表。国際線は全日空が約3万3千人、日本航空が約3万9千人で、予約者数はいずれも前年の約2倍に。ただし、前々年比ではそれぞれ10.0%、13.5%となっている。

  • ちょ1

    パリ、ルーブル入館者数72%減 20年、コロナで半年閉鎖

    【パリ共同】パリのルーブル美術館は8日、2020年の入館者数は前年比72%減の約270万人だったと発表した。新型コロナウイルス対策で、3月中旬~7月上旬と10月末以降の計約半年閉館し、9千万ユーロ(約114億円)以上の収入が失われたという。

    例年は入館者の約75%が外国人だが、フランスへの外国人観光客が激減し、昨年は約70%がフランス人だった。

    ルーブル美術館の年間入館者数は18年に過去最高の約1020万人を記録し、19年は約960万人だった。

    DNPは、フランス国立図書館(BnF)と共同で推進しているプロジェクト「BnF × DNP ミュージアムラボ」による第2回展「これからの文化体験」で、「2021デジタルアーカイブ産業賞」の技術賞を受賞。今では、DNP五反田ビル内の「P&Iラボ・テクノロジー」で、常設展示の一部として紹介しています。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    横浜市のカジノ住民投票案否決 誘致是非巡り

    横浜市議会は8日の本会議で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の是非を問う住民投票条例案を自民、公明両会派の反対多数で否決した。誘致に反対する市民団体が法定数の3倍を上回る約19万3千人分の署名を集め、条例制定を直接請求していた。

    採決前の討論で、自民会派は「軽々に市民に判断を委ねる問題ではない」と主張。立憲民主会派は「多くの市民が署名に応じた思いを受け止めるべきだ」と訴えた。賛成は、議長を除く市議85人のうち、立憲民主、共産、無所属の計34人だった。

    林文子市長は2017年の市長選で「白紙の状態」として再選したものの19年に誘致方針を表明した。

    その後、こうなりました

    その後、2022年の第1回目の候補地決定に向け、各自治体が準備を進めている状況。具体的にIR誘致に向けて審査ステップを進めている候補地は、大阪府・市、和歌山県、長崎県の3自治体。日本最初のIR誘致を目指す自治体は、2021年10月1日~2022年4月28日までに、IRの区域整備計画を作成し、国に申請を行う必要がある。

  • ちょ1

    新リーグ、1部は12チームか ラグビー、22年開幕

    ラグビーのトップリーグ(TL)を刷新して設立し、来年1月の開幕を目指す新リーグに関し、3部制の1部を12チームで開催する案が有力となっていることが8日、関係者への取材で分かった。現在のTL16チームから4チーム減らし、拮抗した試合の増加を図る。

    昨年発表する予定だったが、調整が遅れて先送りしていた。より実力の近いチームで競わせる8チームや10チームの案も候補に挙がるが、注目度の高い1部のチーム数が大きく減ることの懸念や海外リーグと交流する可能性を残して日程を確保するため、12チームを2組に分けて開催する案で調整している。

    「ちょうど1年前の今日のニュース」ロゴと、ナイストライ!とラグビーボールを手にしたトラのイラスト

    その後、こうなりました

    ラグビーの新リーグ「リーグワン」は、昨日2022年1月7日(金)にクボタスピアーズ船橋・東京ベイ×埼玉パナソニックワイルドナイツで開幕予定だったが、急遽中止に。埼玉側で9人のコロナ陽性者が確認され、残りの選手も濃厚接触者として認定されたことが原因。そのため、1月8日(土)正午のコベルコ神戸スティーラーズ×NTTコミュニケーションズシャイニングアークス東京ベイ浦安が、新たなリーグの船出を担うことになった。

この日のコロナはどうだったか

東京都で2392人、全国では7882人の新規感染者。米国では1日当たりの死者が4千人を超え、過去最多を更新。この時、米国の累計感染者数は2100万人超え、死者数は36万人超えで、いずれも世界最多。

「1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。」とカメラ目線で訴えかける濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

記事でも取り上げましたが、ラグビーの新リーグ「リーグワン」が開幕します。
残念ながら昨日の試合は中止となってしまいましたが、この週末にも多くの試合が予定されています。どんな戦いが繰り広げられるのか楽しみです。
ところで記事内のトラのイラストもラグビー仕様になっているのはお気づきですか?トラがトライする姿、ぜひ探してみてください。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、米国のあの人のツイッターが永久凍結。