このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

鏡餅を手に持ち真面目な顔でこちらを見る濱田岳さんと、「去年の1月5日は、コロナ特措法改正方針固まる。」の文字。

なんと1年前の今日は…

コロナ感染者最多更新する中、拡大防止に向け特措法改正へ/地方バスで、新しい経営の形が/東京海上から、新しい働き方始まる/コロナによる、成人式延期。さて、今年は…/さあ、ちょうど1年前の今日のニュースをお楽しみください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

202115(火)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    時短拒否の飲食店名を公表へ 緊急事態、特措法政令改正

     昨年12月28日、外国人の新規入国が原則停止となり、国際線出発ロビーも閑散とする成田空港

    昨年12月28日、外国人の新規入国が原則停止となり、国際線出発ロビーも閑散とする成田空港

    政府は5日、東京都と埼玉、千葉、神奈川3県への緊急事態宣言発令に併せて、知事による営業時間短縮の要請などに応じない飲食店名を公表できるよう新型コロナウイルス特別措置法の政令を改正する方針を固めた。加藤勝信官房長官が記者会見で明らかにした。変異種の国内まん延を防ぐため中韓両国など11カ国・地域との間で合意しているビジネス関係者の往来を一時停止する方向でも調整。外国人の新規入国を全面的に認めないことになる。7日の対策本部で決定する見通しだ。

    現行政令では、公表対象は学校や百貨店、ホテル、キャバレーなどに原則として限定され、一般的な飲食店は含まれていない。

    その後、こうなりました

    その後、1月7日の緊急事態宣言発令を受け、1月8日から外食各社が「夜8時閉店」を発表。一方で、7月には営業時間短縮命令に応じなかった飲食店4店舗に対して裁判所が過料25万円を決定した。この時短要請に関しては、その是非について議論が生まれた。

  • ちょ1

    20年の新車販売、11・5%減 台数、東日本大震災以来の低水準

     昨年のゴールデンウィークに、コロナ拡大による外出自粛で、交通量の少ない東名高速道路の横浜青葉IC付近

    昨年のゴールデンウィークに、コロナ拡大による外出自粛で、交通量の少ない東名高速道路の横浜青葉IC付近=2020年4月

    2020年の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年比11・5%減の459万8615台だった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や自動車大手の減産が響いた。減少率は東日本大震災の影響を受けた11年の15・1%以来の大きさ。台数も、約421万台だった11年以来の低水準となった。

    日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が5日発表した。新車販売は20年4~5月の緊急事態宣言期間中を底に改善傾向にあった。例年、自動車販売店の販売促進策や新生活関連の需要で、年明け以降の商戦は盛り上がるが、今後は宣言の再発令により、需要がまた落ち込む恐れもある。

    その後、こうなりました

    あれから約1年、2021年11月の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は前年同月比14.3%減の35万2455台で、5カ月連続の前年割れ。世界的な半導体不足や、東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大による部品不足で各社が生産調整を行っており、販売への影響が続いている。

  • ちょ1

    バス事業の共同経営、4月開始へ 熊本と岡山、特例法で解禁

     共同経営に入る九州産交バス(左)と熊本都市バス

    共同経営に入る九州産交バス(左)と熊本都市バス=4日、熊本市

    同一地域でバス事業を運営する熊本市の5社、岡山市の2社が運行路線を調整し効率化する共同経営の4月開始を目指し、それぞれ近く国に認可申請する方針であることが5日分かった。新型コロナウイルス感染拡大で交通機関の経営は悪化しており、複数のバス会社による共同経営の検討が各地で加速。前橋市の6社も実施に合意し、広島市でも検討が進む。

    乗客減で苦しむバス会社の存続に向け、独占禁止法の適用を除外する特例法が昨年11月に施行、解禁された。ダイヤ編成などの調整はカルテルに当たり独禁法で禁止されているが、国の認可を受ければ可能となった。実現すれば初のケースとなる。

    その後、こうなりました

    その後、2021年4月1日から同一地域でバス事業を運営する熊本市の5社、岡山市の2社が共同経営を開始した。

    DNPは、地方バス向けにキャッシュレス決済のしくみを開発。NFCタグを活用した「くまモンのICカード」のモバイル化に向けて、2022年2月に実証実験を実施します。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    東京海上、全社員に副業推奨 働き方柔軟化、今月から

    東京海上日動火災保険が今月から、全社員約1万7千人を対象に副業の推奨を始めたことが5日、分かった。異業種で経験を積むことで社員の能力を伸ばしたり、働き方を柔軟にして企業としての魅力を高めたりする狙いがある。損害保険最大手の東京海上が推奨に踏み切ったことで、副業活用の動きが一層加速しそうだ。

    東京海上はこれまでも副業を容認していたが、本社の人事部門の承認を必要とするなど条件が厳しく、活用する社員は年間数名にとどまっていた。今後は他社での勤務時間が基準以下であれば、支店や部署といった現場の裁量で許可できるようになる。

    DNPも、新しい働き方を進めるため、人事諸制度を再構築しています。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    浦安市、ディズニーの成人式延期 コロナ感染拡大受け、3月7日に

    2019年1月14日に、東京ディズニーランドで開かれた千葉県浦安市の成人式

    東京ディズニーランドで開かれた千葉県浦安市の成人式=2019年1月14日

    千葉県浦安市は5日、新型コロナウイルスの感染拡大で政府が緊急事態宣言発令の検討に入ったことなどを受け、同市の東京ディズニーシーで11日に予定していた成人式を3月7日に延期すると発表した。

    市は「運営会社のオリエンタルランドと協議した結果、安全を最優先に考え延期すると決めた」としている。延期後も会場に変更はない。

    市によると、新成人の要望を受け2002年から毎年東京ディズニーランドで成人式が開かれていた。今年は施設側の事情で初めて隣接する東京ディズニーシーが会場となり、感染拡大防止のため、式典の回数を増やし1回当たりの定員を減らし開催する予定だった。

    その後、こうなりました

    その後、千葉県浦安市は3月7日に予定通り東京ディズニーシーで成人式を実施。2022年は、多くの自治体が通常通り1月10日の「成人の日」に成人式を実施する予定。

この日のコロナはどうだったか

東京都で1278人、全国では4916人の新規感染者。死者は76人が確認され、国内新規感染者・死者ともに過去最多を更新。

「このニュースから、もう1年か。早いなぁ。」と感じ入る濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

DNPの私の部署は本日が仕事始めです。1年の計は仕事始めにあり。なかなか先が見えづらい世の中ですが、1年前の出来事と今を比べて時代の動きを感じながら、今年も仕事に励みたいと思います。年末年始で気分転換できたので、初日から気合入れて頑張ります!

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、○○○の歴史的不漁が。