このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

去年の12月26日は、その後が気になるニュース多し。
honto電子書籍クーポン2000円分を500名様にプレゼント!

なんと1年前の今日は…

いつもは混雑するこの時期も、交通機関は閑散/空港、ワクチン輸送体制を整える/プラごみ輸出規制、日本は対応できるのか/日本サッカー協会、赤字の理由とは/フィギュア羽生結弦選手、5年ぶりの優勝/ちょうど1年前の今日のニュースは、その後どうなっているのか。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201226(土)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    年末年始の帰省、控えめスタート 交通機関の予約低調

    利用客がまばらなJR東京駅の東海道新幹線ホーム=26日午

    新型コロナウイルス禍に見舞われた2020年も年の瀬を迎え、例年であれば帰省などで交通機関が混雑するシーズンとなった。感染拡大が直撃して政府が「静かな年末年始」を訴える中、空の便で下りの予約率が最も高い26日でも、帰省客らはいつもの年より控えめ。観光支援事業「Go To トラベル」の全国一時停止も決まっており、予約状況は低調だ。

    羽田空港では、マスクの着用を呼び掛けるアナウンスが流れる中、保安検査場に列ができた。出発ロビーにある土産店の女性店員は「感染拡大以降、こんなに多い人出は見ていないが、例年の年末に比べれば格段に少ない」と話した。

    その後、こうなりました

    JR東日本によると、年末年始(2021年12月28日~2022年1月5日)の新幹線の指定席予約状況は昨年同期の178%で、コロナ禍以前の2019年と比べても66%まで回復していると発表。(2021年12月14日現在)

  • ちょ1

    コロナワクチンの輸送体制を強化 成田と関空、国際認証取得

    検品されるファイザーの新型コロナワクチン

    新型コロナウイルス感染症のワクチン供給が今後の課題となる中、空港運営者と航空輸送事業者が体制強化を図っている。成田、関西両空港では、国際的な業界団体が設定する医薬品輸送で最も厳しい認証を取得。ワクチンは温度管理が重要で、安全性と品質を高め、大量輸入に備える。

    空港運営者と航空輸送事業者が連携し取得したのは国際航空運送協会の認証。世界最高水準で医薬品を航空輸送できる事業者と認められた。

    日本政府は米ファイザーやモデルナなどと供給を受ける基本合意や契約を締結。温度管理ではファイザー製で零下70度ほど、モデルナ製で零下20度ほどでの管理、保管が求められている。

    DNPが提供するワクチンの「超低温」輸送とは!?
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    1月からプラごみ輸出規制 リサイクル促進、急務に

    廃棄物中間処理業者の保管場所に積み上げられたプラスチックごみ=東京都内

    汚れが残ったままのペットボトルなどリサイクルしづらいプラスチックごみの輸出入を規制する改正バーゼル条約が21年1月1日に発効する。受け入れ国で適切に処理されないプラごみが海洋汚染の原因となっているため。多くを国外での処理に依存してきた日本にとって、国内でのリサイクル促進が急務となっている。

    環境省は20年10月、規制対象となる具体的基準を発表。(1)食べ残しや油、泥が付着している(2)裁断・粉砕処理されていない―などで、これらは相手国の同意がなければ輸出できなくなる。

    今後輸出できなくなるプラごみは一定程度あるとみられ、環境省は国内での滞留を警戒する。

    その後、こうなりました

    2021年6月、「プラスチック資源循環促進法」が参院本会議で全会一致で可決。飲食店、コンビニエンスストアなどで配布されている使い捨てカトラリーの削減(有料化)など、プラスチックごみの削減と再生利用が強化される。2022年4月から施行予定。

    「プラスチック資源循環促進法」成立を受け、2022年1月21日(金)に開催される「循環型社会の実現」について語り合うオンラインセミナーを開催します。ご興味ある方、是非ご参加ください!
    お申し込みはこちらから

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    28億円の赤字見込む サッカー協会21年度予算

    日本サッカー協会(JFA)が入るJFAハウス=東京都文京区

    日本サッカー協会は26日、臨時評議員会を開いて2021年度(1月1日~12月31日)予算を報告し、収入が約188億円、支出が約216億円で、約28億円の赤字を見込んだ。

    収入の柱となる日本代表戦が入場制限によって減収となる見込み。協会100周年事業のほか、新型コロナウイルス対策で予備費を計上したため支出が増えた。須原清貴専務理事は「厳しい予算だが一過性と考えている。積立金を戦略的に使って今後につなげたい」と説明した。

    来年開幕の女子プロリーグ、WEリーグの岡島喜久子チェア(62)を理事に選任した。来年1月の理事会で副会長に就く見通し。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    その後、こうなりました

    その後日本サッカー協会は、21年度から4年間で合わせて約80億円の赤字となる見通しとされており、同協会の象徴である「JFAハウス」(東京・文京区)の売却も検討されていることが報じられている。

  • ちょ1

    羽生結弦5年ぶり優勝、宇野2位 全日本フィギュア第2日

    男子フリー 演技する羽生結弦=長野市ビッグハット(代表撮影)

    フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・ストックホルム)代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は26日、長野市ビッグハットで行われ、男子は羽生結弦がフリーで215・83点を出して前日のショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計319・36点で5年ぶりの優勝を果たした。日本スケート連盟の選考基準を満たして代表に決まった。

    羽生はフリーでループ、サルコー、トーループの3種類4度の4回転ジャンプを成功させた。5連覇を狙ったSP3位の宇野昌磨はフリー2位の190・59点を出して合計284・81点で2位となり、17歳の鍵山優真は278・79点の3位。

    その後、こうなりました

    その後羽生結弦選手は、練習中に転倒し右足関節靭帯を損傷。2021年11月のNHK杯を欠場した。

     

    先日12月24日に行われた全日本選手権の男子ショートでは111.31点で現在首位。本日の男子フリーの結果で北京冬季五輪出場決定となるか、注目が集まる。

この日のコロナはどうだったか

東京都で949人、全国で3881人の新規感染者。4日連続の最多更新。都営大江戸線では、運転士のコロナウイルス感染、自宅待機に伴い、通常運行の7割程度の運行本数に減らすと発表。

1年前起こったことと、今日起こったことを比べると、世の中の動きが点ではなく線としてわかってくる。

今日のDNPちょいち編集部

本日19時からは、作家・村上春樹さんがDJを務めるラジオ番組『村上RADIO』が放送されます(DNPも番組提供中)。村上さんはかつてジャズ喫茶を経営されており、当時の経験も踏まえて自ら選曲し、語る声は一聴の価値ありです。TOKYO FMおよびJFN38局ネットで放送されるほか、radikoでも聴けます!

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、あの女子フィギュア選手が4回転初成功。全日本選手権を2連覇しました。