このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

去年の12月25日は、コロナ禍初のクリスマス。
honto電子書籍クーポン2000円分を500名様にプレゼント!

なんと1年前の今日は…

ローマ教皇からメッセージが/大阪万博「空飛ぶクルマ」が実現?/政府発表「グリーン成長戦略」とは/iPS細胞、実用化にまた一歩/昭和歌謡を牽引した作詞家の訃報も/それでは本日も、ちょうど1年前の今日のニュースをどうぞ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201225(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    ローマ教皇「勇気持とう」 バチカンでクリスマスイブのミサ

    【ローマ共同】ローマ教皇フランシスコは24日、キリスト教カトリックの総本山バチカンのサンピエトロ大聖堂でクリスマスイブのミサを執り行った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続く状況を念頭に「神は勇気を持とうと言っている」と呼び掛け、共に乗り越えたいとの考えを示した。

    感染拡大防止のため今年のミサは参加者数を大幅に制限。教皇は「試練の暗いトンネルから抜け出せないと不安になっていないか」と問い掛けた上で、前に進もうと語った。

    25日には恒例のクリスマスメッセージも出す予定。

    その後、こうなりました

    2020年12月25日のクリスマスメッセージは、バチカン宮殿内からオンラインで配信。「環境危機と、パンデミックのためにより深刻化した経済・社会の不均衡を背負うこの歴史的な時、わたしたちはこれまでになく兄弟愛を必要としています。」などと呼びかけた。

  • ちょ1

    大阪万博、未来のショーケースに 産官学で新技術、基本計画を公表

    大阪市の人工島・夢洲に建設予定の2025年大阪・関西万博会場のイメージ図

    2025年大阪・関西万博の運営主体である日本国際博覧会協会は25日、事業内容や会場構成に関する「基本計画」を策定、公表した。会場を未来社会の「ショーケース」と位置付け、産官学連携による「共創」で自動運転やロボットといった新技術を導入し、次世代の社会で実現を目指す。

    基本計画によると、会場整備や運営、展示などで先端技術を用いた取り組みを各企業や大学、公的機関とともに推進する。人を乗せて空を移動するドローン型の「空飛ぶクルマ」の導入に向け、離着陸ポートを設ける。自動翻訳機能の導入や、オンラインのバーチャル会場で世界中からアバター(分身)で参加可能にする。

    DNPも2025年の大阪・関西万博の成功に向けて動いています。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    洋上風力・電動車に本腰、政府 50年脱炭素社会へ重点14分野

    米国の電気自動車(EV)テスラの充電スタンド=11月、東京都内

    政府は25日、2050年の脱炭素社会に向けた「グリーン成長戦略」を発表した。洋上風力発電など再生可能エネルギーの普及に加え、ガソリン車から電動車への移行や水素の活用に本腰を入れる。実行計画で14の重点分野を設け、それぞれ目標の年限や支援策を明記。成長戦略による経済効果を30年に年約90兆円、50年に年約190兆円に上ると試算した。

    菅政権が50年に温室効果ガス排出量を実質ゼロにする目標を掲げたことを受けて策定した初の包括的な計画で、国の長期的なエネルギー政策の指針「エネルギー基本計画」の見直し議論にも影響を与える。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    iPS心筋の心臓移植「順調」 大阪大の治験、3例実施

    iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験で、記者会見する大阪大の澤芳樹教授=25日午後、大阪府吹田市

    iPS細胞から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する治験で、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームは25日、計画前半に予定していた3例の移植を終えたと発表した。「現時点の経過は順調」としている。

    チームは今年1月に1例目の実施を公表。これに続いて9月と11月に2、3例目の患者にも移植し、3人とも退院した。

    治験は、血管が詰まって心臓の筋肉に血液が届きにくくなる重症の虚血性心筋症の患者が対象。京都大で備蓄していた他人のiPS細胞から作製した心筋細胞を直径4~5センチ、厚さ0・1ミリほどの膜状にし、3枚を心臓の表面に張り付ける。

    DNPが取り組むヘルスケア・ライフサイエンス分野とは?
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    作詞家なかにし礼さんが死去 ヒット曲「北酒場」、直木賞作家

    死去した、なかにし礼さん

    「北酒場」「石狩挽歌」などのヒット曲で知られる作詞家で、直木賞作家のなかにし礼(なかにし・れい、本名中西礼三=なかにし・れいぞう)さんが23日午前4時24分、心筋梗塞のため東京都内の病院で死去した。82歳。旧満州(現中国東北部)生まれ。葬儀・告別式は家族のみで行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻中西由利子(なかにし・ゆりこ)さん。

    学生時代からシャンソンの訳詞に取り組み、俳優の石原裕次郎さんの勧めや歌手菅原洋一さんのヒット曲「知りたくないの」(1965年)の訳詞を手掛けたことがきっかけで作詞家に。2000年に「長崎ぶらぶら節」で直木賞を受賞した。

この日のコロナはどうだったか

東京都で884人、全国で3832人の新規感染者。1日あたりの最多を3日連続更新。イギリスで広がる変異種は従来のウイルスより5割程度強い感染力があると、ロンドン大の研究者らが発表。

このニュースから、もう1年か。早いなぁ。

今日のDNPちょいち編集部

我が家の近所に、いつ行っても大行列な美味しいと評判のケーキ屋さんがあります。去年の12月25日、予約せずにクリスマスケーキを買いに行ったらすんなり当日分をゲットできてしまいました。世間のクリスマスの盛り上がりはクリスマス・イブまでなんですね。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日に開催されたフィギュアスケート全日本選手権で、あの選手が優勝。5年ぶりとのこと。