このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の12月19日は、米でモデルナ製ワクチン接種開始へ。」という文字と、クリスマスツリーを手に持ち、サンタ帽姿の濱田岳さん。
honto電子書籍クーポン2000円分を500名様にプレゼント!

なんと1年前の今日は…

ロックダウン避けて対策していたスウェーデンも、規制強化へ舵切り/米でモデルナ製ワクチン接種開始へ/コロナ感染者増でGoToトラベル停止するも、繁華街には人出が/9歳のYouTuber、驚きの収入/ちょうど1年前の今日のニュース、ご覧ください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201219(土)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    スウェーデン、規制再強化  感染拡大、方針転換鮮明に

    【ロンドン共同】新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なスウェーデンの公衆衛生庁は18日、公共施設の閉鎖や、飲食店での人数制限など新たな規制強化策を発表した。公共交通機関でのマスク着用も推奨。春以降、厳しい規制を避ける独自対策を取っていたが、11月に転換した規制強化の方針が鮮明となった。

    ロイター通信によると、ロベーン首相は記者会見で「適切な時に適切な方策を取っている」と強調。だが、カール16世グスタフ国王がこれまでの政策を「失敗」と批判しており、政府への風当たりがさらに強まる可能性もある。

    その後、こうなりました

    スウェーデンは規制強化後もイベントや大型施設の人数制限などにとどめ、ロックダウンのような強硬策を取らずに対策。2021年半ばは新規感染者が1000人前後で推移していたが、その後増加傾向に入り、2021年12月16日の新規感染者数は4114人となっている。

  • ちょ1

    米2例目のコロナワクチン許可  モデルナ製、数日中に接種

    【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は18日、米バイオテクノロジー企業モデルナが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンの緊急使用を許可した。米メディアによると、数日中に全米に最初の590万回分を発送、接種が始まる。米国で新型コロナワクチンが実用化するのは2例目。

    1人につき約1カ月間隔で2回接種する。日本政府は5千万回分(2500万人分)の供給を受ける契約をモデルナと交わしている。

    米政府とは来年6月末までに2億回分の供給に合意済み。対象は18歳以上で、医療従事者と高齢者ら長期療養施設の入所者に最優先で接種する。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    その後、こうなりました

    アメリカでは2021年12月現在、ファイザー製、モデルナ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製の3種のワクチンが使用可能。英アストラゼネカ製のワクチンは承認を申請中。また、5歳から11歳の子どもへのワクチン接種も始まっている。日本は12歳以上が接種対象とされ、11歳以下の子供については接種の承認を検討中。

  • ちょ1

    高梨沙羅3位、伊藤有希は5位  W杯ジャンプ女子開幕戦

    W杯ジャンプ女子個人第1戦で3位に入った高梨沙羅=ラムソー(共同)

    【ベルリン共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は18日、オーストリアのラムソーで開幕して個人第1戦(ヒルサイズ=HS98メートル)が行われ、高梨沙羅が88メートル、89・5メートルの合計240・1点で3位となり、通算101度目の表彰台に立った。

    19歳のマリタ・クラマー(オーストリア)が94メートル、96メートルの253・6点で今年1月以来となる通算2勝目を挙げた。伊藤有希は5位、丸山希は25位、岩渕香里は29位だった。

    ジャンプ女子のW杯は今月上旬に開幕予定だったが、新型コロナウイルスの影響で約2週間ずれ込んだ。

    その後、こうなりました

    その後、2021年12月のスキージャンプ女子ワールドカップ個人7戦目では、高梨沙羅選手が4位、岩渕香里選手が28位という結果に。伊藤有希選手は、上位30人による2回目に進むことができなかった。高梨選手は「試合をこなすごとに徐々によくなってはいるが結果に結びつかないなと思う。トップスリーに上がる壁をすごく感じている」と語った。

  • ちょ1

    GoTo停止後、初の週末  旅行客まばら、街には人出

    利用客らが行き交う羽田空港の出発ロビー=19日午前9時5分

    観光支援事業「Go To トラベル」で、東京都や名古屋市などを目的地とする旅行の割引が停止されて初の週末となった19日、空港や観光地に旅行客の姿はまばらだった。「年末年始の旅行は断念した」と話す人もいたが、繁華街にはクリスマス前で大勢の買い物客。新型コロナウイルスの「第3波」の勢いに歯止めがかからない中、抑え込みに向けた正念場が続く。

    東京都墨田区の東京スカイツリー。さいたま市の女性会社員は「感染対策もされていて安心」と満足した様子だった。

    19日午前の羽田空港ではスーツケースを引く若者や家族連れの姿が見られたが、目立った混雑はない。

    その後、こうなりました

    その後、GoToトラベルは2021年12月現在も停止中。政府は新型コロナウイルス新規感染者数の減少を受け、早ければ2022年1月下旬の再開を目指す方針。

  • ちょ1

    9歳男児、年収30億円でトップ  米経済誌のユーチューバー番付

    ユーチューブに投稿された、おもちゃで遊ぶライアン・カジ君(共同)

    【ニューヨーク共同】米経済誌フォーブスは18日、最も収入が多かったユーチューバーの今年のランキングを発表し、昨年6月から1年間で推定2950万ドル(約30億5千万円)を得た米国在住のライアン・カジ君(9)が3年連続で1位となった。カジ君の父親は、福島県出身の日本人。

    同誌によると、おもちゃのレビュー動画などを投稿しているカジ君は、4170万人のチャンネル登録者を抱え、動画の再生回数は計122億回に上った。

    カジ君は動画再生による広告収入に加え、おもちゃや生活用品をプロデュースすることでも多額の収益を上げた。

この日のコロナはどうだったか

東京都で736人、全国では3040人の新規感染者。途上国へのワクチンの普及を進める国際組織「Gaviワクチンアライアンス」は、ワクチン20億回分を確保し、2021年1〜3月期に各国へ提供できるとの見通しを示した。

「1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。」の文字と、スーツ姿でこちらを見つめる濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

先日、祖父の七回忌と祖母の一周忌の合同法要に参列してきました。昨年祖母が亡くなった際はコロナの影響でお葬式に参列できなかったので、今回でしっかりとお別れできた気がします。生前はとても仲の良かった祖父と祖母。きっと今は二人で楽しく過ごしているはずです。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、あの国で「コロナ通行証」普及の動き。