このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の12月17日は、大雪で高速道立ち往生が発生。」という文字と、クリスマスツリーを手に持ち、サンタ帽姿の濱田岳さん。
honto電子書籍クーポン2000円分を500名様にプレゼント!

なんと1年前の今日は…

新潟・関越道で大雪による立ち往生。水や食料配布も/仮想通貨ビットコイン2万ドル突破は、コロナめぐる金融緩和が原因か/ETC専用化は感染リスク減少の狙いも?/それでは、ちょうど1年前のニュース、ご覧ください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201217(木)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    関越道、雪で1000台立ち往生  最強の寒気、上信越道は200台

    新潟県の関越自動車道塩沢石打IC付近で、大雪の影響で立ち往生した車=17日午前9時50分ごろ(脇屋義信さん提供)

    今季最強の寒気が上空に流れ込んだ影響で、日本海側を中心に大雪となり、新潟、群馬県境の関越自動車道では16日夜から交通障害が起こり、17日午前の時点で約千台の車が立ち往生した。東日本高速道路によると、下り線で16・5キロ、上り線で15キロにわたり車が一時動けなくなった。長野県境付近の上信越自動車道でも約200台が一時立ち往生した。地元消防が車中で息苦しさを訴えた30代女性を病院に搬送、体調不良や不安を訴える通報が相次いでいる。

    警察庁は、部隊の派遣地域の判断に活用するため、ホームページの「災害情報投稿サイト」に被害状況の写真や動画を投稿するよう呼び掛けた。

    その後、こうなりました

    その後、関越道の立ち往生の解消は翌18日の夜遅くにもつれ込んだ。大雪のおそれがあるため通行止めはその後も続き、解除されたのは19日夜となった。

  • ちょ1

    ビットコイン、2万ドル突破  マネー再流入、年初の3倍

    【ニューヨーク共同】代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインの価格が16日、2万ドルの大台を初めて突破した。新型コロナウイルス流行に伴う世界的な金融緩和で投資マネーがビットコイン市場に再び流入した。年初からの上昇率は3倍近くとなった。

    調査会社コインデスクによると、16日午前11時半現在、前日比7・1%高の1ビットコイン=2万781・57ドル(約215万円)をつけた。

    ビットコインを巡り、投資先や決済手段として選ぶ動きが相次いでいることが、買い安心感につながっている。

    その後、こうなりました

    その後、2021年12月16日現在のビットコインの価格は1ビットコイン=48,711ドル。1年前からの上昇率は2倍以上となっている。

  • ちょ1

    米、量的緩和を長期継続 FRB、成長率2・4%減

    米連邦準備制度理事会(FRB)の建物=15日、ワシントン(共同)

    【ワシントン共同】米国の中央銀行、連邦準備制度理事会(FRB)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う景気下支えのため、量的緩和策の継続方針を一段と強化した。雇用の最大化や物価安定の目標に向けて「実質的なさらなる進展があるまで現行以上の資産購入を続ける」と明示した。2020年10~12月期の実質成長率が前年同期比でマイナス2・4%になる見通しも示した。

    この日の連邦公開市場委員会(FOMC)で決定した。成長率の予測は9月時点のマイナス3・7%よりも上方修正したが、米国では新型コロナの再拡大による打撃が広がる。

    その後、こうなりました

    その後、 2021年12月のFRBの発表によると、米国の2021年10~12月期のGDP成長率は前年同期比5.5%増と回復。その一方で、需要増や原材料価格の高騰などで物価上昇が加速した。

    FRBは物価上昇を抑制するため、量的緩和策の縮小を2021年11月から始めていたが、それに加えて当初2022年6月に予定されていた量的緩和策の終了を3月に前倒しすることを決定した。

  • ちょ1

    高速料金のETC専用化10年後  現金向けに後払い制度

    高速道路の料金所にあるETC搭載車専用レーン

    国土交通省は17日、高速道路の料金支払いの自動料金収受システム(ETC)専用化に向けた工程表を公表した。都市部の高速道路は5年後をめどに、料金所の最大9割で係員を廃止。地方を含め10年後には全国で無人化する。ただ、現金派に配慮し、コンビニなどで料金を後払いする制度も新たに導入。ドライバーが操作する料金精算機も残す。

    ETC専用化は、係員の人手不足が続く中、管理コストを削減、現金受け渡しをなくして感染症リスクを軽減する。現金ユーザーは利用方法が大きく変わるため、利用者への周知徹底が求められる。

    ETC利用率は全国平均で93%。都市部は98%の路線がある。

    その後、こうなりました

    その後、2021年8月4日、NEXCO中日本は東名高速の料金所スタッフ6名に新型コロナウイルス陽性が確認されたことを受け、一部料金所をETCレーンのみに限定すると発表した。料金の受け渡し時に感染リスクがあることが改めて浮き彫りになった。

  • ちょ1

    京都の清水寺、金閣寺が雪化粧  舞台真っ白に

    この冬初めて雪化粧した「清水の舞台」=17日朝、京都市

    強い寒気の影響で京都市内では16日夜から17日朝にかけて雪が降り、清水寺(東山区)や金閣寺(鹿苑寺、北区)がこの冬初めて雪化粧した。清水寺では今年、国宝・本堂の檜皮屋根のふき替えと、舞台の床板張り替えの工事が完了。生まれ変わった「清水の舞台」が真っ白に染まった。

    清水寺には早朝からカメラを手にした参拝客が訪れ、絶景を前に何度もシャッターを押していた。相模原市の会社員(26)は「雪予報を見て昨晩新幹線に飛び乗った。ここまで積もるとは思わず、きれいで感動した」と話した。

    京都地方気象台によると、17日朝の京都市の最低気温は平年より約3度低い0・2度だった。

この日のコロナはどうだったか

東京都で882人、全国では3211人の新規感染者で、この時点で過去最多の数字。ブラジルでは感染者数が700万人を超えた。700万人を超えたのは米国、インドに次ぎ3カ国目。

「このニュースから、もう1年か。早いなぁ」という文字と、スーツ姿で思索をめぐらせる濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

先日、ご近所の農家さんから大根と小松菜をたくさんいただきました。連日黙々と農作業されているのをお見掛けしますが、手塩にかけて育てたお野菜をこうしていただけるのはとてもありがたいことです。感謝の気持ちを忘れずに、おいしくいただきたいと思います。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、アメリカで2例目のあのワクチンが認可へ。