このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の12月14日は、GoToトラベルついに停止へ。」という文字と、クリスマスツリーを手に持ち、サンタ帽姿の濱田岳さん。
honto電子書籍クーポン2000円分を500名様にプレゼント!(キャンペーンサイトへのリンク)

なんと1年前の今日は…

GoToトラベル、感染者増受け停止/米でワクチン接種開始、まずは医療従事者から/2億8千万km先から持ち帰った砂粒!/2020年の漢字は、もちろんあの字/さあ、ちょうど1年前の今日のニュースをご覧あれ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201214(月)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    GoToトラベル、全国一律停止  28日から1月11日まで

    東京・浅草の仲見世通りに掲示された「Go To トラベル」のポスター=11日

    菅義偉首相は14日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部を官邸で開き、観光支援事業「Go To トラベル」を今月28日から来年1月11日まで、全国で一時停止すると表明した。1月12日以降の扱いは改めて判断する。感染拡大に歯止めがかからない状況を踏まえ、一部地域の利用制限から全国的な運用見直しに方針転換した。飲食店などの営業時間短縮も延長する意向を示した。年末年始をにらみ協力金の単価を倍増し、最大で1カ月当たり120万円とする。

    首相は対策本部で「皆さんが落ち着いた年明けを迎えることができるように最大限の対策を講じる」と述べた。

    その後、こうなりました

    その後、GoToトラベルは停止期間の延長を繰り返し、2021年12月現在も停止中。政府は新型コロナウイルス新規感染者数の減少を受け、早ければ2022年1月下旬の再開を目指す方針。

  • ちょ1

    米でワクチン接種開始  世界最多感染、収束に期待

    【ワシントン共同】米国の一部の州で14日、米製薬大手ファイザーなどが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が始まった。1600万人以上が感染、29万人以上が死亡した世界最多の感染国で初のワクチン実用化。流行が収束に向かい、傷ついた社会、経済の回復につながるかどうか期待が高まる。医療従事者と、高齢者ら長期療養施設の入所者に最優先で接種する。

    トランプ大統領はツイッターに「おめでとう米国、おめでとう世界」と投稿した。

    日本政府も1億2千万回分(6千万人分)の供給を受けることで基本合意しており、早ければ来年3月に接種が始まる可能性がある。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    カプセル内に黒い砂粒状の物質 はやぶさ2採取の岩石のかけらか

    「はやぶさ2」のカプセルに納められていた試料コンテナの底で見つかった黒い砂粒状の物質(右、JAXA提供)

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、探査機「はやぶさ2」が地球に帰還させたカプセルの内部で、黒い砂粒状の試料を確認したと発表した。小惑星りゅうぐうで採取した岩石のかけらと考えられ、さらに分析を進める。小惑星の試料と確認できれば、初代はやぶさに続く快挙となる。りゅうぐう表面は石炭のように黒く、生命に必要不可欠な有機物の発見が期待されている。

    また、着地直後に行った簡易分析でカプセルから検出したガスも、りゅうぐうの岩石に由来しているとみられることも判明。揮発性のガスが発生した可能性が高いといい、黒い粒子状の物質とともに詳細を調べる。

    その後、こうなりました

    カプセル回収から1年経過した2021年12月6日、JAXAは記者会見を開き、小惑星りゅうぐうの岩石試料について、早ければ2022年春にも論文を発表したいとの考えを示した。「隕石学の歴史を書き換えるような大発見」としている。

     

    現在、はやぶさ2本体は別の小惑星「1998 KY26」に向かう新たなミッションを進行中。到着は2031年の予定。

  • ちょ1

    中国、独禁法違反でアリババ処分  テンセントも、ネット大手を管理

    アリババグループの本社=11月、中国浙江省杭州市(共同)

    【北京共同】中国政府は14日、中国電子商取引最大手アリババグループとIT大手の騰訊控股(テンセント)のそれぞれの傘下企業に対し、独占禁止法違反でいずれも罰金50万元(約800万円)を科す決定を出した。11月にインターネット企業の独占を禁止する方針を出して以来、初めての処分で、ネット大手への管理を強めた形だ。

    国家市場監督管理総局が発表した。アリババ傘下の「アリババ投資」は、デパートなどを経営する「銀泰商業」の株式取得に関し、当局に届け出なかったことが違法と認定された。テンセントの場合もメディア企業の株式取得が同様に判断された。

    その後、こうなりました

    2021年11月、中国はアリババグループやテンセント・ホールディングス、百度(バイドゥ)などに対し、総額2150万元(約3億8370万円)の罰金を科すと発表するなど、依然として大手テクノロジー企業への締めつけを続けている。

  • ちょ1

    今年の漢字は「密」  新型コロナ感染拡大で

    2020年の世相を1字で表す「今年の漢字」に「密」が決まり、日本漢字能力検定協会が14日、京都市東山区の清水寺で発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、多くの人が「密」を意識し、日常生活にも大きな影響があったことなどが理由。

    「今年の漢字」は26回目。昨年は、新元号「令和」の時代を新たに迎えたことなどから「令」が選ばれた。今年の発表は、改修工事を終えた国宝・本堂の「清水の舞台」で行われた。

    その後、こうなりました

    2021年12月、日本漢字能力検定協会は、2021年の「今年の漢字」に「金」が選ばれたと発表した。理由として、東京オリンピックで日本人選手が多数の金メダルを取ったこと、大谷翔平選手の大リーグMVP獲得、藤井聡太棋士の最年少四冠達成など各界で「金」字塔を打ち立てたことなどを挙げている。

この日のコロナはどうだったか

東京都で305人、全国では1681人の新規感染者。韓国では「第3波」到来を受け、ソウル駅などに設置した臨時検査場の運営を始めた。

「1年間のニュースを見ると、世界が絶え間なく動いていることがよくわかります。」の文字と、スーツ姿でこちらを見つめる濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

昨日、DNPが協力している「毎日出版文化賞」の贈呈式が執り行われました。受賞者のひとり、河尻亨一さんが監修を務める企画展『SURVIVE - EIKO ISHIOKA /石岡瑛子 デザインはサバイブできるか』が、現在京都dddギャラリーで開催中です。会期は12月18日(土)まで。ご興味のある方はぜひご覧ください!

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、米大統領選、ようやく確定。