このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

濱田岳と「去年の12月2日は、地球温暖化の現状を突きつけられました。」の文字
hontoへのリンク

なんと1年前の今日は…

改めて世界に突きつけられた地球温暖化/フェイスブックの新たな一手/中国、月へ/テレワークを機に進む地方移住/デジタル広告の躍進/など、世界の激動を感じます。ちょうど1年前の今日のニュースをご覧ください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2020122(水)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    今年の世界の気温、史上3位内に 地球温暖化の傾向続く

    【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は2日、今年の世界の平均気温が観測史上、3位以内の高さになるとの暫定報告を発表した。今年までの5年間、10年間の平均気温はいずれも過去最高で、地球温暖化の傾向が続いているとして、温室効果ガス排出削減に向けた取り組みの継続を訴えている。

    世界の平均気温は2016年に観測史上最高を記録し、19年が2番目に高かった。今回の分析は今年1~10月の観測結果を基にしており、現状では20年が19年の同期間平均を上回っている。ただし僅差のため、上位3位までの最終的な順番は変わる可能性があるとしている。

    その後、こうなりました

    WMOの発表によれば、2020年の世界平均気温は約14.88度で、産業革命前(1850年〜1900年)に比べて1.2度上昇。この気温は2016年の14.9度と並び、観測史上ほぼ最高。国連は続く気温上昇を「破滅的」と表現した。

     

    またWMOは2021年11月7日、「世界の気候状況2021」(暫定版)を発表。2021年の世界平均気温は史上5位〜7位となる見込みで、温暖化傾向は継続。2013年から加速している海面水位上昇は2021年に最高値を記録した。

    環境配慮型材料などの総合展「サステナブル マテリアル展」が来週から開催。DNPも出展しています。最先端の技術や知識に、ぜひ触れてみてください。
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    リブラからディエムに改名 FB主導のデジタル通貨

    【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)が主導するデジタル通貨「リブラ」を巡り、運営団体のリブラ協会は1日、名称を「ディエム」に変えたと発表した。団体名も「ディエム協会」に変更した。規制当局から発行を懸念された印象を刷新したい考えだ。

    リブラは昨年6月の構想発表後、各国の規制当局や中央銀行から金融システムへの悪影響を懸念する声が相次いだ。協会首脳はロイター通信の取材に「当初の名称は、規制当局の厳しい評価を受けたプロジェクトの初期段階に関連したものだ」と述べた。

    ディエムはラテン語で「1日」の意味。

    その後、こうなりました

    2021年10月、フェイスブックは社名をMeta(メタ)に変えると発表し、世界中で大きな話題に。ザッカーバーグCEOは「メタという名前はメタバースを創造するという会社のビジョンに焦点を当てたものです」と説明。Metaは、メタバースを「人々が交流し、学び、協力し、遊ぶ3D空間」と定義している。

  • ちょ1

    中国の無人探査機が月面着陸 嫦娥5号、土壌採取へ

    【北京共同】新華社電によると、中国が11月24日に打ち上げた無人月面探査機「嫦娥5号」は1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月面着陸に成功した。今後2日間にわたって土壌など月の試料を採取し、12月中旬に地球に戻る見通し。

    月からの試料持ち帰りに成功すれば、中国として初めて。中国の探査機「嫦娥4号」は昨年、月の裏側への軟着陸に世界で初めて成功した。

    習近平指導部は宇宙開発を強化し、月面での有人探査や基地建設も視野に入れている。

    今回は月の表側に着陸した。ロボットアームやドリルを使って月の表面と深さ約2メートルにある土壌を約2キロ採取する。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

    その後、こうなりました

    嫦娥(じょうが)5号はその後、2020年12月17日に地球に帰還。月の砂などのサンプルを持ち帰った。分析を続けて来た国際研究グループは、2021年10月11日、サンプルに含まれていた玄武岩が約20億年前の月の火山活動によって生成されていたと発表。分析は今も続けられている。

  • ちょ1

    政府、地方移住へテレワーク推進 創生戦略の改定を議論

    開かれた「まち・ひと・しごと創生会議」

    開かれた「まち・ひと・しごと創生会議」=2日午後、東京都千代田区

    政府は2日、閣僚や有識者でつくる「まち・ひと・しごと創生会議」を開き、地方創生に向けた5カ年計画「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の改定を議論した。東京一極集中是正を加速するため、新型コロナウイルス感染拡大を機に普及したテレワークを推進し、地方移住につなげることが柱。議論を反映した改定を今月中に実施する。

    創生会議は、議長を菅義偉首相から坂本哲志地方創生担当相に変更し、参加閣僚も大幅に減らす再編後、初の開催。坂本氏は「大臣である私が責任を持って、十分な議論の下、地方創生を進める」と意気込みを語った。

    その後、こうなりました

    その後、東京から地方への移住は加速。2021年の5月から10月まで、6カ月間連続で転出が転入を上回る転出超過となった。この傾向はしばらく続くと見られている。

  • ちょ1

    米国のデジタル広告、初の過半に 20年、巨大IT寡占

    GAFAと呼ばれる米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム各社のロゴマーク

    GAFAと呼ばれる米国のグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・コム各社のロゴマーク

    【ニューヨーク共同】2020年の米国の広告市場でデジタル広告の支出が占める割合が初めて過半に達することが1日、明らかになった。新型コロナウイルスの流行に伴い、広告予算を絞った企業が費用対効果を意識してデジタル広告の利用を加速。寡占するグーグルやフェイスブックといった米巨大ITの収益が一段と拡大している。

    英広告会社WPPグループ傘下のグループMによると、20年は政治広告を除く広告支出が前年比9%減の2145億ドルと8年ぶりの減少見通し。テレビや新聞が苦戦する中で、デジタル広告は5%増の1100億ドルで、市場の51%を占めると推計している。

    その後、こうなりました

    2021年前半の米国内のメディア広告費はコロナの大打撃を受けた2020年から回復したが、パンデミック前の2019年の同時期と比べても3%増という結果に。総広告費に占めるデジタル広告の割合はやはり過半数の51%。

この日のコロナはどうだったか

東京都で500人、全国では2434人の新規感染者。この日、英政府は日米欧で初めてコロナワクチンを承認(ファイザー製)。

「あれから1年、世界はどう変わったのだろう。そしてこれからの1年、私たちは何をすべきなのだろうか。」とつぶやく濱田岳

今日のDNPちょいち編集部

先日、東京で開催中の和田誠展に行ってきました。和田さんの生涯を網羅した圧巻の展示で、幼少期のスケッチや「ハイライト」のパッケージ別案など見ごたえ抜群。著名イラストレーター仲間3人との「銀座界隈隈ガヤガヤ青春ショー」が弊社関連のギャラリー・gggで過去に開催されていたのを今さら知って、ちょっとショックでした…。

( 編集部員 i )

20211202

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、脱「アレ」が2030年までの目標に。