このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

なんと1年前の今日は…

日本の農業界に衝撃の調査結果が発表/皆さんは知っていましたか?「デジタルの日」提案/山手線から、アレが消える?/また、全世代に愛されているあの漫画の話題も/それでは本日も、1年前の今日を振り返ってみてください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201127(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    農業従事者、40万人減少 20年調査、65歳以上7割

    農林水産省

    農林水産省が27日発表した2020年の「農林業センサス」によると、農業を主な仕事とする「基幹的農業従事者」は136万1千人で、15年の前回調査と比べて22・5%、39万6千人減少した。65歳以上が占める割合は69・8%となり、4・9ポイント上昇した。比較可能なデータがある1985年時点の346万人から一貫して減少が続いている。

    基幹的農業従事者の平均年齢は0・7歳上昇して67・8歳だった。高齢で農業をやめる人が多いことが影響した。担い手の確保が課題となる。

    農水省は今回から農業人口を把握する主要指標として使われてきた「農業就業人口」の集計をとりやめた。

    DNPは、LED照明で農業に貢献!

    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    「デジタルの日」制定を検討 平井担当相、利点実感の機会に

    平井卓也デジタル改革担当相は27日の閣議後記者会見で、デジタル化のメリットを広く実感してもらう「デジタルの日」の制定を検討すると明らかにした。自治体の催しやネット通販事業者のキャンペーンなどの実施を想定している。「官民挙げてデジタルを推進していく記念日にしたい」と述べた。祝日にすることは目指さない。

    情報を「1」「0」の組み合わせに置き換えるデジタル技術にちなみ、1月1日や10月10日、11月11日などを候補日にする。ウェブサイト「デジタル改革アイデアボックス」で12月11日まで意見を募る。平井氏は「仕掛け方によっては経済効果を大きくできる」とした。

    その後、こうなりました

    その後、デジタルの日は10月10日と10月11日の2日間に決定。2021年のテーマは「#デジタルを贈ろう」。デジタルの日の趣旨に賛同する企業や団体を募り、Webサイトでセールやキャンペーン情報の発信や、イベントやセミナーなどの取り組みを掲載した。

  • ちょ1

    口座ひも付け義務化を見送り マイナンバー制度で政府

    政府は27日、金融機関口座とマイナンバーのひも付け義務化を見送る方針を固めた。平井卓也デジタル改革担当相が記者会見で「国民への義務化はしない」と明言した。マイナンバー利用が社会に浸透せず、義務化の実効性確保は困難と判断した。来年の通常国会へ関連法案を提出する。

    内閣官房は同日、政府の行政デジタル化に関する作業部会で「国民が任意で1人1口座を登録」と明記した制度案を提示。経済対策や災害時の給付金などの迅速な受け取りにつなげるとした。

    制度案によると、ひも付け登録はマイナンバー制度のサイト「マイナポータル」か金融機関の窓口で2022年度から始める。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    山手線唯一の踏切、廃止を公表 東京・北区、JR東日本と合意

    JR山手線に唯一残る「第二中里踏切」=9月、東京都北区

    JR山手線に唯一残る駒込―田端間の「第二中里踏切」(東京都北区)について、北区は27日、都が近くに陸橋を建設した後に廃止すると区議会建設委員会で明らかにした。JR東日本とも合意しており、今後文書を交わす。踏切が全廃されれば、JR東が目指す山手線の自動運転化へ前進となる。

    北区によると、都の計画では陸橋の幅は歩道と車道を合わせて十数メートルで、踏切から約200メートル北東に設置する。2020年度中に国土交通省から認可を得られる見込みで、完成までに10年ほどかかるとみられる。

    第二中里踏切はピーク時の1時間当たりの遮断時間が40分を超す「開かずの踏切」。

    その後、こうなりました

    2021年3月5日、東京都は「第二中里踏切」のある北区中里で、山手線をまたぐ跨線橋(こせんきょう)の建設事業に着手すると発表。いよいよ山手線最後の踏切が見られなくなるカウントダウンが始まり、一部の鉄道マニアの間でも話題となっている。

     

    ちなみに、大阪環状線の踏切は2012年に全廃している。

  • ちょ1

    ドラえもん、年間500万部突破 50周年、一斉休校で好調か

    「てんとう虫コミックス ドラえもん0巻」

    連載開始から50周年を迎えた故藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」のコミックスと関連本の発行部数(紙の書籍のみ)が、昨年12月からの1年間で500万部を突破したと、小学館が27日発表した。

    同社は50周年キャンペーンや、新型コロナウイルスの影響による全国一斉休校で児童らに多く読まれたことが、好調の理由とみている。

    人気をけん引したのは昨年発売された「てんとう虫コミックス ドラえもん0巻」で約63万部を発行。「幼稚園」「小学一年生」など雑誌ごとに6種類ある連載第1話を収録し注目された。ドラえもんが登場する学習漫画、児童書の売れ行きも良かったという。

この日のコロナはどうだったか

東京都で570人、全国では2531人の新規感染者。厚生労働省は、病床使用率が大阪と兵庫で50%超、その他15の都道府県で25%以上と発表。

ちょうど1年前ニュースを見ると、たった1年でも、世の中を変えることができるということがわかります。

今日のDNPちょいち編集部

「No Pain, No Gain.」

これは私が座右の銘にしている言葉で、高校ラグビーをやっていた頃に出会ったものです。(ラグビーでは攻撃側が敵地に向かって進むことを「Gainする」と言います)私はこの言葉を、「苦しくてもそれを乗り越えれば成長できるぞ、逆に調子の良いときほど気をつけなきゃいけないぞ」というように解釈しています。

皆さんは何か座右の銘はありますか?

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、引退後のイチローに動き、あり。