このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

「去年の11月19日は、首相「マスク会食」呼びかけ。」の文字と、スマートフォンを手に持つ濱田岳さん

なんと1年前の今日は…

「マスク会食」って矛盾してない?と感じた記憶/議論が紛糾した種苗法改正案が衆院で可決/急な祝日移動で、2021年の多くの手帳やカレンダーは、修正間に合わず/それでは、ちょうど1年前の今日のニュースをどうぞ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201119(木)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    首相「マスクで会食を」  コロナ急増、国民に呼び掛け

    首相官邸で記者団の取材に応じる菅首相=19日午前

    菅義偉首相は19日、新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染者数が18日に過去最多の2千人超となったことに関し「最大限の警戒状況にある」と強調した。飲食を通じた感染リスクが指摘されているとして、食事中も会話の際にはマスクを着用する「静かなマスク会食」を実践するよう国民に呼び掛け「私もきょうから徹底したい」と述べた。官邸で記者団に語った。

    首相は、西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相と18日に面会した際、19、20日両日の専門家の議論を踏まえ、さらに効果的な対策を講じるように指示したと明らかにした。同時に、基本的な感染対策徹底への協力を国民に求めた。

    その後、こうなりました

    その後調査した国立感染症研究所によると、会食の席に着いてすぐマスクを外した人が新型コロナに感染するリスクは、食べ物を口に運ぶ時以外マスクを外さなかった人の「4倍」になるとのこと。

     

    会食時は「少人数、2時間以内、マスク着用」で感染リスクを減らすよう呼びかけた。

  • ちょ1

    種苗法改正案が衆院通過、成立へ  海外へ不正持ち出しを禁止

    国内で開発されたブランド果実などの種や苗木を海外へ不正に持ち出すことを禁じる種苗法改正案が19日の衆院本会議で、立憲民主党、共産党を除く与野党の賛成多数で可決され、衆院を通過した。改正案は参院に送付され、今国会で成立する見通し。

    種苗法改正案は、新品種の海外流出を防止するため、開発者が農林水産省に出願、登録する際に、栽培地域や輸出先を指定できることが柱。許諾を受けていない農家が指定地域以外で栽培したり、無断で海外に持ち出したりした場合は、生産・販売の差し止め対象となる。悪質性が高い場合には罰金が科される。

    「ちょうど1年前ニュース」ロゴ

  • ちょ1

    卵子・精子凍結費用の補助検討  若いがん患者不妊対策、厚労省

    厚生労働省は19日、不妊治療の支援拡充の一環として、がんを患う子どもや若者が治療後に子どもを持てるよう、卵子や精子を凍結し保存する費用の補助の検討に入った。50万円以上かかることもあり、収入など経済面の事情に左右されない配慮をする。有識者の意見を聞いた上で、2021年度の実施を目指す。

    がん治療を受けると抗がん剤や放射線が原因で生殖機能が下がり、妊娠が難しくなる場合がある。凍結保存に対しては公的医療保険が適用されず、現在は全額自己負担となっている。厚労省はがん以外にも、治療が生殖機能に影響する恐れがある疾患を対象としたい考え。

    その後、こうなりました

    その後2021年4月、条件を満たした小児・若年がん患者らに対し、卵子や精子などを凍結保存する費用を助成する制度がスタート。上限額がそれぞれ卵子20万円、精子2万5000円、体外受精の受精卵35万円などとされている。

    DNPは、不妊治療クリニック向けに作業性の向上を実現するディッシュ(作業用シャーレ)を開発しました。

    DNP不妊治療支援ソリューション LinKID

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    がん10年生存率58・3%  1・1ポイント上昇

    主ながんの生存率

    国立がん研究センターは19日、2004~07年にがんと診断された人の10年後の生存率が58・3%で、前回集計した03~06年に比べ1・1ポイント上昇したと発表した。データを取り始めた2000年ごろから、同じ計算式で比較すると少しずつ向上している。今回はがんの治療を専門とする21施設の約9万4千人の患者情報を対象にした。

    部位別で生存率が目立って低かったのは膵臓がん(6・2%)、肝臓がん(16・1%)、胆のう胆道がん(19・1%)だった。一方、最も高かったのは前立腺がん(98・8%)で、乳がん(86・8%)、甲状腺がん(85・7%)と続いた。

  • ちょ1

    五輪特措法案が衆院通過、成立へ 「山の日」「スポーツの日」移動

    五輪特別措置法改正案を賛成多数で可決した衆院本会議=19日午後

    東京五輪の混雑回避や警備の円滑化のため、来年に限り「山の日」を8月11日から8日に移動させる五輪特別措置法改正案は、19日の衆院本会議で与党などの賛成多数により可決された。参院に送付され、今国会で成立する見通しだ。

    改正案は東京五輪の来夏への延期に合わせて、来年の祝日を移動する内容。10月11日の「スポーツの日」を五輪開会式予定日の7月23日に前倒しし、7月19日の「海の日」も開会式前日の22日に変更する。五輪の閉会式を予定する8月8日は日曜日で、翌9日を振り替え休日とし、閉会式前後の渋滞緩和を図る。

    政府推進本部の設置期限1年延長も盛り込んだ。

    その後、こうなりました

    11月になってからの決定に、祝日の修正が反映されない手帳やカレンダーも多かった模様。手帳の祝日表記を信じて翻弄された人も多いはず。

この日のコロナはどうだったか

東京都で534人、全国では2179人の新規感染者。国連児童基金(ユニセフ)が世界の感染者のうち、未成年の子どもや若者が約11%を占めるとの報告書を発表。子どもへの感染対策を訴えた。

「このニュースから、もう1年か。早いなあ。」の文字と、物思いにふける濱田岳さん

今日のDNPちょいち編集部

本日夕方から宵にかけて、日本全国で「部分月食」が見られます。

月の大部分が隠れる「ほぼ皆既月食」だそうで、満月がだんだんと欠けて細くなり、また戻っていく様子が見られるとのこと。

仕事や夜ご飯の準備でばたつく時間かと思いますが、秋の夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。(19:47頃に月食が終わるようなので、WBSのTVCMから来られた方、すみません)

なお、次に日本で見られる月食は、ほぼ1年後の2022年11月8日。この日は皆既月食になるそうです。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、GoToトラベルの行方はどうなる?