このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマホを見ながら考え込む濱田岳さんと、「去年の11月14日は、コロナ不安広がる。」の文字。

なんと1年前の今日は…

日本の新規感染者、3日連続で過去最多を更新。「第3波」到来/厚労省、マスクの実態調査へ/英では、温室効果ガス実質ゼロに向け動きが…/詳しくは、ちょうど1年前の今日のニュースで。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201114(土)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    コロナ「第3波」漂う危機感 週末の行楽地、予防徹底

    東京ディズニーランドに向かう人たち

    東京ディズニーランドに向かう人たち=14日午前、千葉県浦安市

    国内の1日当たりの新型コロナウイルス感染者数が最多を更新し最初の週末となった14日、各地の行楽地は「第3波」到来に危機感を募らせた。国の支援策で徐々に回復しつつあった人出に打撃となりかねない急増で、関係者は「対策を徹底する」と強調。訪れた人たちも、感染予防に気を使いながらの休日となった。

    東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市)最寄りのJR舞浜駅。午前9時の開園前から入場を待つ客でにぎわった。好きなキャラクターのグッズで着飾った人も、口元はマスク姿。同級生と一緒に来たさいたま市の女子高生(17)は「不安な部分もある」と話し、静かに足を運んだ。

    その後、こうなりました

    あれから約1年経つ2021年11月12日、政府は今冬に懸念される「第6波」対策の全体像を決定。感染者数がピークだった今夏に比べて3割多い患者が入院できる体制を11月中に構築。また、軽症者向けの飲み薬を160万回分確保し、年内の実用化を目指すことなどが柱となっている。

  • ちょ1

    マスク生産・輸入量の実態調査へ 調達・供給網も踏まえ、厚労省

    東京・巣鴨の薬局で売り切れとなったままのマスク売り場

    東京・巣鴨の薬局で売り切れとなったままのマスク売り場=3月

    新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」も指摘される中、厚生労働省が今春のマスクや医療用防護具の不足による混乱を踏まえ、国内生産・輸入総量の動向について実態調査に乗り出したことが14日分かった。国による大規模調査は初めてで、来年度にかけてサプライチェーン(調達・供給網)も踏まえた調査を本格化する方針。

    コロナ禍では、中国からの輸入停滞で品薄になった家庭用マスクが、高値で売買されるなど社会問題化した。厚労省は「有事の供給確保計画の策定などに役立てたい」としている。

    また国内生産量は業界団体が集約しているが、種類別や国別の生産・輸入用は把握できていないという。

    「マスクで口元が見えず、コミュニケーションが取りにくい…」

    聴覚に障がいがあるDNP社員の、そんな声から生まれたフェイスシールドとは?

    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    「災害弱者」支援へ法改正 避難計画、市区町村の努力義務に

    2018年7月、西日本豪雨で冠水しボートで救助されるお年寄り

    2018年7月、西日本豪雨で冠水しボートで救助されるお年寄り=岡山県倉敷市

    政府は14日、自力避難が困難な高齢者や障害者ら「災害弱者」の逃げ遅れが後を絶たないことを受け、来年の通常国会で災害対策基本法を改正する方針を固めた。一人一人の避難方法を事前に決めておく個別計画を同法に基づく法定計画へ格上げするとともに、市区町村の努力義務とする「作成に努めなければならない」などの規定を追加する方向だ。低調な作成率の向上を促すため、法改正に加えて福祉関係者との連携も進める。

    支援が必要な住民ごとに作成し、避難ルートや避難場所、手助けする支援者の氏名などを明記する。19年6月時点で対象者全員の計画を作成した市区町村は、全体の12%にとどまる。

    その後、こうなりました

    その後2021年5月20日、改正災害対策基本法が施行。災害時に自力避難が難しい高齢者や障害者らの「個別避難計画」の策定が自治体の努力義務となった。

  • ちょ1

    JR東、旧国鉄特急車両が姿消す 来年3月のダイヤ改正で

    来年3月のダイヤ改正で特急「踊り子」の定期列車から運用を終える旧国鉄時代製造の車両「185系」

    来年3月のダイヤ改正で特急「踊り子」の定期列車から運用を終える旧国鉄時代製造の車両「185系」=10月27日、東京都港区

    来年3月のダイヤ改正に合わせ、JR東日本が運行する特急の定期列車から旧国鉄時代に製造した車両が全て姿を消すことが14日、分かった。東京駅と静岡県・伊豆半島を結ぶ特急「踊り子」の一部列車で使っている国鉄時製造の車両が運行を終了。これで全ての特急の定期列車がJR東発足後の車両に切り替わる。

    関係者によると、ダイヤ改正後も185系を臨時列車などに使う可能性を残すが、2022年にも全て廃車にする。

    登場から40年近く経過して老朽化したため、中央線の主に新宿―松本(長野県)を結ぶ特急「あずさ」などに使っていたE257系を改造した車両に順次入れ替えてきた。

    その後、こうなりました

    2021年3月12日に「踊り子」は引退。40年間伊豆に向かう観光客を乗せて走り続けた車両は、その長い旅路を終えた。

  • ちょ1

    英、30年にガソリン車禁止 EV推進へ5年前倒しか

    【ロンドン共同】英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は14日、英政府がガソリン車とディーゼル車の新規販売を禁じる時期を、従来方針の2035年から30年へと5年早める見通しだと報じた。温室効果ガスの排出量を50年までに実質ゼロにする目標の達成に向け、電気自動車(EV)の普及を推進する。

    近く発表する。米カリフォルニア州がガソリン車やディーゼル車の新規販売を35年までに禁じる方針のほか、中国でも同年までに一般的なガソリン車の販売ができなくなる方向だ。英国はさらに野心的な目標を掲げる可能性が出てきた。

    DNPは、「次世代モビリティ社会」の実現に向けた新しい価値の提供に力を入れています。

    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1

この日のコロナはどうだったか

東京都で352人、全国では1737人の新規感染者。全国の新規感染者数は、3日連続で過去最多を更新している。

「1年前のニュースと今日のニュースを比べてもらって、その先にある未来のことを考えるきっかけになったら幸いです。」と訴えかける濱田岳さん。

今日のDNPちょいち編集部

「ちょうど1年前の今日」は何をしていたかな?とスマホの写真フォルダを見返したら、Go To イートでちょっと背伸びをしたディナーをしていました。今思うととてもお得な制度でしたね。東京都のGo To イート食事券の購入権も当選していたのですが、ずっと延期になったまま…。たまに飲食店でポスターを見かけて、その存在を思い出します。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、アメリカで「第3波」。驚きの数字が発表。