このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマートフォンを見て喜ぶ濱田岳さんと、「去年の11月10日は、さまざまな明るいニュースが。」の文字

なんと1年前の今日は…

街角景気6カ月連続で上昇、Go Toの影響か/新幹線、無人運転実現に向けた動き/未来の五輪金メダリスト伊藤美誠、卓球女子W杯では…/それでは、ちょうど1年前の今日のニュースをご覧あれ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

20201110(火)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    街角景気、5・2ポイント上昇 10月、2年9カ月ぶり好況判断

    大勢の観光客でにぎわう東京・浅草の雷門

    10月3日、「Go To トラベル」の対象に東京が追加されて初の週末を迎え、大勢の観光客でにぎわう東京・浅草の雷門

    内閣府が10日発表した10月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比5・2ポイント上昇の54・5となり、6カ月連続で改善した。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ経済活動が活発になったことで好不況の分かれ目となる50を超え、景気が上向きとの判断に転じた。

    指数が50・0を超えたのは2018年1月(50・1)以来、2年9カ月ぶり。基調判断は「新型コロナ感染症の影響による厳しさは残るものの、着実に持ち直している」とし、2カ月連続で上方修正した。

    その後、こうなりました

    あれから1年、2021年10月の景気ウォッチャー調査によると、街角の景気実感を示す現状判断指数は55.5。緊急事態宣言の解除などを受け、前月9月の42.1から13.4ポイント上がり、ちょうど1年前の10月よりも高い数値を記録した。

  • ちょ1

    ひも付け口座、広く活用  マイナンバーで迅速給付

    政府は10日、マイナンバー制度の活用を推進する作業部会を官邸で開いた。金融機関口座とマイナンバーのひも付けでは、児童手当や生活保護などの給付に広く活用することで、本人の同意に基づく登録を促す案を示した。政府内ではひも付けの義務化を求める意見もあり、内閣官房は「引き続き検討する」と説明した。

    1人10万円を配った特別定額給付金では、給付を受ける口座を市区町村に申請する必要があり、確認作業に時間がかかり給付の遅れにつながった。

    口座は、マイナンバーカード所有者向けの「マイナポータル」に登録、経済対策や災害時などの現金給付をスムーズに行う仕組みを想定している。

    その後、こうなりました

    あれから約1年、2021年10月20日にマイナンバーカードを健康保険証として利用できる制度が本格的に開始。スマホやパソコンで、マイナンバーカードを健康保険証として登録できる。

    DNPがマイナンバーカードのオンライン申請をワンストップでサポート!?

    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    新幹線、初の自動運転試験実施へ JR東日本社長「無人が目標」

    北陸新幹線のE7系車両

    北陸新幹線のE7系車両=2018年11月、JR東京駅

    JR東日本の深沢祐二社長は10日の定例記者会見で、北陸新幹線や上越新幹線で使われているE7系車両による自動運転の試験を来年10~11月ごろに複数回実施すると発表した。新幹線での自動運転の試験は、営業用車両では初めて。深沢社長は「将来は新幹線を無人で運転することが目標だ」と述べ、実現に必要な技術の蓄積と検証を目指す考えを明らかにした。

    JR東によると、E7系1編成12両を使用。上越新幹線の新潟駅から新潟新幹線車両センターの間の約5キロを試験走行する。自動列車運転装置(ATO)を取り付け、仮設の指令室から遠隔で発車や停車をさせる。

    ちなみに、テレビCMだけでなく、新幹線でもこの「ちょうど1年前の今日のニュース」の広告は掲出されています。

    特設サイトはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    気象庁、野鳥初鳴き観測を廃止 来年から、植物は一部継続

    気象庁の新庁舎

    気象庁の新庁舎

    気象庁は10日、花の開花やウグイスの初鳴きなどから季節の移ろいをとらえる「生物季節観測」を2021年から6種9現象に縮小すると発表した。動物23種は全て廃止し、植物は桜の開花・満開などの一部を残す。

    気象庁によると、残すのは(1)アジサイの開花(2)イチョウの黄葉・落葉(3)ウメの開花(4)カエデの紅葉・落葉(5)桜の開花・満開(6)ススキの開花。廃止するのはアブラゼミの初鳴きや、テッポウユリの開花など。

    気象台や測候所周辺の生態環境が変わり、標本木の確保や対象動物を見つけるのが難しくなったのが原因。

  • ちょ1

    伊藤美誠、3位決定戦制して銅 中国での女子W杯最終日

    準決勝でプレーする伊藤美誠

    準決勝でプレーする伊藤美誠=中国・威海(共同)

    【北京共同】卓球の女子ワールドカップ(W杯)最終日は10日、中国の威海で行われ、東京五輪シングルス代表で世界ランキング2位の伊藤美誠(スターツ)は準決勝で同3位の孫穎莎(中国)に2―4で敗れたが、3位決定戦でハン・イン(ドイツ)に4―0でストレート勝ちし、銅メダルを獲得した。決勝は世界1位の陳夢(中国)が孫穎莎を4―1で下して優勝した。

    伊藤は、孫穎莎に3ゲームを奪われてから2ゲームを取り返す粘りを見せたが及ばなかった。世界25位でカット主戦型のハンは強打で寄せ付けなかった。

    新型コロナ感染拡大の影響で、トップ選手が出場する国際大会は約8カ月ぶりの開催。

    その後、こうなりました

    その後、東京2020五輪に伊藤美誠選手は出場。水谷隼選手とペアを組んだ混合ダブルスで、日本卓球界初となる金メダルを獲得した。

この日のコロナはどうだったか

東京都で293人、全国では1284人の新規感染者。大阪府の感染者は226人で、3カ月ぶりに200人超。

「1年前の今日は、こんなことが起こっていたのか。1年後の今日は、なにが起こっているのだろうか。」と考える濱田岳さん

今日のDNPちょいち編集部

11月になると年の瀬もうっすら見えてきますね。今年は奮発して、近所のレストランでおせちを予約しました。人気のお店なので去年は予約が間に合わなかったのですが、今年はInstagramで発表があったその日に申し込みました。最近のクリスマスのトレンド、シュトーレンも狙っているものがあるので引き続き誘惑の多い季節になりそうです。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、あの価格が8週連続値下がり。