このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマートフォンを片手に微笑む濱田岳さんと、「去年の11月9日は、バイデン氏勝利に祝福の声。」の文字

なんと1年前の今日は…

バイデン氏大統領選勝利に連日世界中から祝福の声/コロナワクチン、接種順の方針決定/自民党の岸田氏(現首相)、憲法改正に関する発言が…/詳細はちょうど1年前の今日のニュースで。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2020119(月)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    WHOがバイデン氏に祝意 脱退撤回の意向、安堵感も

    【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は8日、米大統領選でバイデン前副大統領が勝利を確実にしたことを受け、ツイッターで祝意を示した。トランプ米政権は来年7月にWHOを脱退すると通告したが、バイデン氏はこれを撤回してWHOに残留する意向を示しており、最大の資金拠出国を失う危機を脱した安堵感が行間に漂っている。

    テドロス氏は、新型コロナウイルスの感染拡大は「人の命や生活を守るために、世界が団結することの重要さを示した」と指摘。WHOとしてバイデン氏らと協力していくことを「楽しみにしている」と述べた

  • ちょ1

    スー・チー与党「過半数」主張 独自集計、ミャンマー総選挙

    ヤンゴンの国民民主連盟本部前で、勝利を確信し集まった支持者

    ヤンゴンの国民民主連盟本部前で、勝利を確信し集まった支持者=8日(共同)

    【ヤンゴン共同】ミャンマー総選挙は9日、開票作業が続いた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が率いる与党、国民民主連盟(NLD)の報道官は同日、独自集計に基づき「次も政権を担うだけの議席を獲得した」と述べ、単独過半数を確保したと主張した。一方、選挙管理委員会の公式結果が出たのは一部の選挙区にとどまる。

    スー・チー氏は民主化の象徴として依然高い人気を誇っており、NLDの第1党は確実視されている。定数の25%の軍人議員枠がある中、大統領選出に必要な単独過半数を維持できるかどうかが焦点になっている。

    上下両院の定数は計664で、民選枠は498。

    その後、こうなりました

    この日から4日後の11月13日に、スー・チー氏率いる与党が過半数の議席確保を確定。彼女を事実上トップとする政権の継続が確定したが、2021年2月1日にミャンマー国軍によるクーデターが発生。スー・チー氏の拘束は、今も続いている。

  • ちょ1

    コロナワクチン接種で厚労省方針 持病ある人より高齢者優先

    新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

    新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

    厚生労働省は9日、国内で新型コロナウイルス感染症のワクチンが提供できる体制が整った際に、持病のある人よりも高齢者を優先して接種する方針を決めた。高齢者の方が重症化リスクが高いためで、同日開かれた厚労省の専門部会で了承された。接種開始の見通しが立てば、優先対象者から順に接種に必要なクーポンを配布していく。

    厚労省によると、心疾患、慢性肺疾患、脳血管障害、腎機能障害といった持病がある人は、健康な成人より新型コロナに感染した場合の重症化リスクが数倍高い。一方で、高齢者のリスクは十数~数十倍程度と一層高いため、最優先で接種する必要があると判断した。

    その後、こうなりました

    年が明けた2021年2月17日、医療従事者からコロナワクチンの接種を開始。今では、ワクチンを1回以上接種した人の割合は77%を超えている。(11月5日時点)

  • ちょ1

    自民・岸田氏、改憲論議前進を 「まずは国会動かす」

    講演する自民党の岸田前政調会長

    講演する自民党の岸田前政調会長=9日午後、国会

    自民党の岸田文雄前政調会長は9日、国会内で講演し、来年の通常国会で憲法改正に向けた議論を進める必要性を訴えた。衆参両院の憲法審査会での審議停滞を念頭に「国民の理解を得るべく努力しなければいけない。まずは国会を動かし、国民に議論を見てもらうことが大事だ」と述べた。

    「緊急事態条項」などを盛り込んだ党改憲4項目に触れ「首都直下型地震が起きた場合の国会の権能維持などをしっかり考えなければいけない」と指摘。「課題を解決するべく努力する。今の時代に生きる国会議員の責務だ」と語り、改憲に重ねて意欲を示した。

    その後、こうなりました

    岸田氏は2021年10月4日に第100代首相に就任。その後、同月31日に行われた衆院選で自民党は単独過半数を確保。岸田首相の続投が決定した。

  • ちょ1

    「鬼滅」の興行収入204億円に 国内歴代5位、公開24日で

    映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の1シーン

    映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

    全国公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は8日までで興行収入が204億8千万円、観客動員数が1537万人に達したと、配給元の東宝とアニプレックスが9日発表した。公開から24日間で、国内興収歴代5位となった。

    「鬼滅」は公開17日間の時点で歴代10位だったが「ハウルの動く城」(最終興収196億円)、「ハリー・ポッターと賢者の石」(同203億円)などを上回った。

    その後、こうなりました

    その後も勢いは止まらず、2020年公開の映画で興行収入全世界1位に。日本を含めた全世界での総興行収入は約517億円まで達した。2021年10月からはテレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」が放送され、第1話の平均視聴率(世帯)は10.0%を記録。

この日のコロナはどうだったか

東京都で157人、全国では782人の新規感染者。北海道では200人の新規感染者で、過去最多。

「1年前起こったことと、今日起こったことを比べると、世の中の動きが点ではなく線としてわかってくる。」と考える濱田岳さん

今日のDNPちょいち編集部

本日は地上波でのTVCM放送日です。CMからお越しいただいた方も、そうでない方もご覧いただきありがとうございます。映画の興行収入といえば2001年の公開日より約20年間、「千と千尋の神隠し」が1位でした。コロナ前ですが、映画のモデルと噂になったこともある台湾の九份に行ったことがあります。階段に疲れつつも、ノスタルジックな雰囲気を味わったり、現地のご飯を食べ歩きをしながら、映画のような世界に浸ってました。また台湾に行きたいなぁ。

( 編集部員 i )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、あの未来の金メダリストが銅メダル獲得。