このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマートフォンを片手に持つ濱田岳さんと、「去年の11月2日は、 海外での様々な ニュースが。」という文字

なんと1年前の今日は…

トルコ沖での地震被害の報/イタリアではコロナが美術館を直撃/中国では今につながる法整備を着々と/詳細はちょうど1年前の今日のニュースでどうぞ。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2020112(月)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    トルコ沖地震、死者71人に M4の余震続く

    【イスタンブール共同】トルコ、ギリシャ沖のエーゲ海で発生した地震で、トルコ当局は1日、国内の死者は69人、負傷者は900人以上となったと発表した。死者はギリシャ側の2人と合わせて計71人。マグニチュード(M)4を超える余震が40回以上続いており、当局は住民に被害を受けた建物に立ち入らないよう呼び掛けている。

    建物の倒壊はトルコ西部イズミル県バイラクル周辺に集中。1日夜も8カ所で救助活動が続いた。バイラクルは震源から離れているが、軟らかい地盤の影響のほか、過去の地震の建物被害が修復されずに放置され、被害が拡大した可能性が指摘されている。

    その後、こうなりました

    トルコ沖で発生したM7.0の「エーゲ海地震」によって、トルコおよびギリシャで116人が死亡、1035人が負傷。日本でも最近、2021年10月7日に千葉県北西部を震源とするM5.9の地震が発生。改めて防災意識を持つよう、心がけたいですね。

  • ちょ1

    イタリア、博物館や美術館閉鎖へ 夜間の移動制限も検討

    【ローマ共同】イタリアのコンテ首相は2日、議会で演説し、新型コロナウイルス対策で、博物館や美術館を閉鎖すると述べた。夜間の移動制限も検討中といい、3日にも新たな首相令を出す方針。

    週末にショッピングモールを閉鎖するが、モール内の食料品店や薬局は営業が可能。交通機関の座席を半減するほか、高校は遠隔授業に切り替えが可能となる。

    地元メディアによると、感染再拡大を受けロックダウン(都市封鎖)の再実施も検討されたというが、コンテ氏は「3月とは状況が違う」と強調。感染状況に応じた地域別の対応が必要だとの考えを示した。

  • ちょ1

    「デジタル人民元」実現へ法改正 中国、民間の発行禁止

    【北京共同】中国人民銀行(中央銀行)が、通貨を電子化する「デジタル人民元」の実用化に向けた法改正に着手したことが2日、分かった。発行に「法的根拠」を与え、暗号資産(仮想通貨)など民間のデジタル通貨の発行を禁止する。

    中国はお金をつかさどる中銀が発行するデジタル通貨(CBDC)で実証実験を始めるなど日米欧に先行。法改正で国を挙げて後押しする姿勢を明確にする構えだ。

    人民銀がこのほど改正案を公表し、意見を募っている。

    改正案では、人民元を「実物とデジタルの形式が含まれる」と明記。改正の趣旨説明で「デジタル通貨の発行に法的根拠を付与するため」としている。

    その後、こうなりました

    中国は2021年9月に、ビットコインを含む暗号資産の関連事業を全面禁止すると発表。デジタル人民元発行に向けた環境整備が進む。

  • ちょ1

    コンビニATM手数料改定へ 三井住友銀、一部値上げも

    三井住友銀行の支店

    三井住友銀行の支店

    三井住友銀行は2日、来年4月5日からコンビニの現金自動預払機(ATM)の手数料を改定すると発表した。毎月25、26日の日中の手数料は現在の110円を無料にするほか、早朝や夜間も220円から110円に引き下げる。一方で、それ以外の日は値上げする。現金を使わない習慣の広がりで利用が減っている現状に合わせ、料金体系を見直す。

    毎月25、26日は給与の支払いなどで自行のATMの利用がピークになる。料金を引き下げることでコンビニでの利用を促し、混雑を緩和する狙いもある。

    それ以外の平日の日中は110円から220円に値上げする。休日や夜間は330円に上がる。

    その後、こうなりました

    三井住友銀行および三菱UFJ銀行で、2021年4月よりATM利用手数料が改定。両行とも、特定の日時には手数料が値下がり、その他の日には値上がりとなる。日時を確認してから利用しましょう!

  • ちょ1

    線路へのイヤホン落下、950件 ワイヤレスで増加、JR東78駅

    線路に落ちたワイヤレスイヤホンの回収作業を実演するJR東日本の社員

    線路に落ちたワイヤレスイヤホンの回収作業を実演するJR東日本の社員=2日午前、東京都内

    ワイヤレスイヤホンが線路に落ちたケースが、JR東日本東京支社管内の78駅で7~9月、約950件に上った。数万円と高価で乗客から回収を依頼されるが、小さくてホームから器具で拾うのが難しい。列車を止めたり、終電後に捜索したりすることもあり、東京支社は「いやー、ほんとうに困った」と、4日から年末までキャンペーンで注意を呼び掛ける。

    東京支社は2日、東京都大田区の訓練センターにある模擬ホームで、報道陣に回収作業を実演。社員がホームにしゃがみ、棒状の器具でイヤホンを拾おうとしたが、バラスト(砕石)の隙間に入り込み、うまくいかなかった。

    その後、こうなりました

    JR東日本ではその後、2020年11月4日〜12月27日まで「線路に落とさないで!ワイヤレスイヤホン落とし物防止キャンペーン」を実施。東京支社管内の全78駅で、デジタルサイネージや駅構内放送などを通じて、注意を呼びかけた。

この日のコロナはどうだったか

東京都で87人、全国では489人の新規感染者。国内の感染者は計10万3151人。

 

今日では国内の合計感染者数は約172.3万人を超えています。

「1年前の今日は、こんなことが起こっていたのか。1年後の今日は、なにが起こっているのだろうか。」とつぶやく濱田岳さん

今日のDNPちょいち編集部

ちょうど「2年前」の今日は、日本で開催されたラグビーW杯が閉幕した日です。日本代表が決勝トーナメント進出を決めたスコットランド戦、私は現地で観戦しましたが、あの時の盛り上がり、スタジアムの一体感はいまだに忘れられません。
これから年末年始にかけては高校生、大学生のラグビー大会が佳境を迎えます。コロナ禍で十分に活動できず、大変な思いもしてきているはずですが、そんなことを感じさせない熱いプレーをきっと見せてくれると思います。いちラグビーファンとして楽しみにしたいと思います。

( 編集部員カトウ )

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日は、とうとう、あの選挙が始まりました。