このページは「ちょうど1年前の今日のニュース」
過去アーカイブです。

ちょうど一年前の今日のニュース

スマートフォンを片手に微笑む濱田岳さんと、「去年の10月9日は、今日へと続くいろんなことがありました。」の文字の文字

なんと1年前の今日は…

ケータイ料金引き下げ指示、公務員の男性育休、婚姻届に関する押印廃止など、私たちの暮らしに関わる様々な行政上の動きが。ぜひ、ちょうど1年前の今日のニュースでご確認ください。

DNP ちょいち編集部ちょ1

2020109(金)

ニュース提供:共同通信社

  • ちょ1

    首相、携帯料金引き下げで指示 「一刻も早く軽減を」

    首相官邸を出る菅首相

    首相官邸を出る菅首相=9日午前

    菅義偉首相は9日、武田良太総務相と官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けた家庭の負担を軽減するため、携帯電話料金の引き下げを早急に実現するよう指示した。「国民の家計への負担を一刻も早く、少しでも軽減できるよう万全を期してもらいたい」と伝えた。武田氏が記者団に明らかにした。

    首相は料金引き下げの意義を「コロナ対策、経済対策の一環として重要なポイントだ」と強調。武田氏は首相に、携帯大手3社との意見交換の結果を報告し「公正な市場競争ができる環境づくりを実現したい」と応じた。

  • ちょ1

    首相、男性公務員に1カ月育休 「取得から始める」

    菅義偉首相は9日、男性の育児休業に関し「男性公務員に1カ月の育休を取らせるところから始めたい」と表明した。公明党女性委員会の提言を首相に渡した古屋範子副代表が記者団に明らかにした。

    公明党の提言は、男性の育休取得向上や不妊治療の保険適用拡大が柱。首相は不妊治療について「保険適用は早急に実現したい」と応じた。仕事と治療の両立に関しても「きちんとやっていきたい」と語った。

    育休について石井啓一幹事長は9日の記者会見で「男性の育児参加なしでは男女共同参画社会は進まない」と主張した。不妊治療の支援対象に事実婚も含める必要性を重ねて強調した。

    男性育休100%企業宣言!
    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    婚姻・離婚届の押印廃止へ 上川法相、オンライン化普及も

    上川陽子法相

    上川陽子法相

    上川陽子法相は9日の記者会見で、婚姻届や離婚届の押印の廃止を検討していると明らかにした。「婚姻届や離婚届の押印も含め、さまざまな行政手続きがあるので、そのオンライン化を進めていく」と述べ、オンライン化の普及にも努める考えを示した。

    法務省によると、婚姻届や離婚届は認め印でも可能で廃止が可能と判断。一方、実印が必要な一部の登記手続きについては現時点で、廃止が困難と内閣府に回答しているという。法務省関連では年間1万件以上申請がある手続き44件のうち、35件は廃止、9件は存続としている。

    その後、こうなりました

    2021年9月から、行政手続きでの押印は原則、廃止され、婚姻届や離婚届は本人の署名のみで届け出ることができるようになりました。

  • ちょ1

    特例のオンライン診療「恒久化」 電話診療は終了、映像を原則に

    新型コロナウイルス禍で特例措置として行われている初診からのオンライン診療と電話診療に関し、田村憲久厚生労働相は9日の閣議後記者会見で「電話ではなく、映像を原則にする」と述べた。電話診療は終了する見通しとなり、オンライン診療の恒久化に向けた制度設計が本格化する。

    田村氏は平井卓也デジタル改革担当相、河野太郎行政改革担当相と8日に会談し、オンライン診療について「新たな制度を設計し、恒久的なものにしていく」との方向で一致したという。

    河野氏は9日の記者会見で「オンライン診療は、規制改革として非常に重要な合意だ」と指摘した。

    オンライン診療の未来と課題とは?DNPとともに医療色彩の国際標準化に取り組む一般社団法人メディカル・イノベーション・コンソーシアム代表の千葉敏雄理事長にお伺いしました。

    詳しくはこちら

    ちょいち編集部によるちょっとPRコーナー
    ちょ1
  • ちょ1

    世界食糧計画にノーベル平和賞 「飢餓との闘い」評価

    【オスロ共同】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2020年のノーベル平和賞を、飢えのない世界を目指し食料支援を続ける国連機関、世界食糧計画(WFP、本部ローマ)に授与すると発表した。理由として「飢餓との闘い」や「飢えを戦争や紛争の武器として使うのを防止する努力」を挙げた。

    新型コロナウイルス流行で飢えに苦しむ人が急増する中、WFPの地道な活動を評価し、飢餓と貧困の連鎖がもたらす人道危機の深刻化に警鐘を鳴らす狙いがある。同賞委員会のレイスアンデルセン委員長は有効な新型コロナワクチンが開発されるまで、食料が世界の混乱を収める「最善のワクチンだ」と強調した。

この日のコロナはどうだったか

東京都で203人、全国では601人の新規感染者。スペインの首都を含むマドリード州で非常事態を宣言。

「あの日驚いたニュースが、今ではあたりまえになっている。1年後の今日は、何があたりまえになっているだろう。」とつぶやく濱田岳さん

今日のDNPちょいち編集部

我が家にはペットのニホンカナヘビが3匹います。名前はリボン、ハート、カナ(いずれも5歳息子の命名)。ここ最近グッと寒くなり、変温動物にとっては試練の日々が続いていますが、5歳と2歳の息子たちは一生懸命お世話をしています。1年前と比べると命の大事さをだいぶ学んできたようです。

( 編集部員カトウ )

ちょいち編集部員カトウの家のペットのニホンカナヘビ

明日のひとこと予告

ちょうど1年前の明日、あの国が大陸間弾道ミサイルを公開。